今冬公開の映画『大奥〜永遠〜』の新キャストが発表に

2012.7.27 10:34配信
映画『大奥〜永遠〜』(C)2012男女逆転『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』製作委員会

2010年に公開された『大奥』に続いて、今年12月に公開される新作映画『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』の新キャストがこのほど発表された。すでに出演が発表されていた堺雅人と菅野美穂と新たな“大奥”を描き出すキャストは、尾野真千子、柄本佑、要潤、市毛良枝、榎木孝明、由紀さおり、堺正章、宮藤官九郎、西田敏行。10月にはTVドラマも公開され、大きな注目を集めることになりそうだ。

その他の情報

『大奥』は、よしながふみの同名コミックを原作に、謎の疫病によって男女の立場が逆転してしまった江戸時代を舞台に女将軍を頂点とする“大奥”の人間模様を描く異色SF劇。続編は前作より前の時代の物語で、映画『大奥〜永遠〜』では、“生類憐みの令”で知られる五代将軍・綱吉(菅野)と、大奥総取締役の座を狙う謎の男・右衛門佐(えもんのすけ/堺)のドラマを描く。

このほど発表された新キャストは、幕府の側用人として綱吉に仕える柳澤吉保役の尾野真千子、右衛門佐の部屋子として仕える秋本役の柄本佑、綱吉の父・桂昌院役の西田敏行、その配下で綱吉の側室でもある伝兵衛役の要潤、桂昌院と伝兵衛の対抗派閥である大奥の正室、信平役の宮藤官九郎ら。そのいずれもが演技派として主演を務めることも多い俳優たちだ。

本作に登場する“大奥”は、将軍に仕える美しき男たちが3000人も揃う巨大な空間。栄華を極め、最盛期を迎えていた大奥を舞台に、世継ぎ作りに悩む女将軍の苦悩や、正室と側室の派閥争い、ひとりの男の出世にかける野望など、女と男の愛と欲望の物語が描き出される。

映画『大奥〜永遠〜[右衛門佐・綱吉篇]』

TVドラマ『大奥〜誕生〜[有功・家光篇]』
10月 TBS 系列にてオンエア

いま人気の動画

     

人気記事ランキング