塩分控えめの食事が体にいいことは皆さんご存知の通り。しかし、それだけでなくダイエットや美肌にもつながると聞くと、少し意外ですよね。

書籍『3日で2キロやせる おいしい塩なしレシピ』によると、「塩なし料理」を月に3日間食べるだけでやせ体質が手に入り、アンチエイジング効果も期待できるといいます。

「塩なしレシピダイエット」とはいったいどんなものでしょうか?塩分がなくてもおいしく食べるコツとあわせてご紹介します。

「塩なしレシピ」で体が軽くなる!

食事で塩分をとりすぎると、体は体内の塩分濃度を一定に保とうとするため、水分を溜め込みやすくなります。それが「水太り」や「むくみ」となってしまうそう。

また、細胞内の水分が失われるため、肌の乾燥やしわの原因にもなり老化が加速することにもつながるのだとか。

そのため、食事を薄味にしたり、ときには塩分を控えることで体液の塩分濃度がリセットされ、体が軽くなったり、肌の調子がよくなったりするのだそうです。

1ヶ月に1度の「塩なし」で、薄味に慣れる

「塩なし」が良いといっても、塩分は体の機能を正常に保つための大切な栄養素。過度に制限するのは体にとってよくありません。

そのため「塩なし」の食事は最長でも3日間にとどめること、前後の日も減塩の食事にし、塩分バランスが急激に変化しないように気をつけて下さい。

ですから、「塩なしレシピダイエット」は3日間の短期勝負。1ヶ月に1度など定期的に取り組むことで薄味に慣れていくといいます。塩分をセーブすれば、食事は好きな量を食べてOKというのはうれしいですね!

モデルでボディメイクトレーナーである佐々木ルミさんは、「塩なしレシピ」を初めて試したとき、3日間で2kg減量したそうです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます