KDDI、「海外ダブル定額」対象事業者を114エリアに拡大

2012.7.30 18:58配信
新たに追加するエリアと対象事業者一覧

KDDIと沖縄セルラーは、日本時間の8月1日午前0時から、au携帯電話・スマートフォン向け海外パケット定額サービス「海外ダブル定額」の対象となる海外通信事業者に、ペルーのClaro、アイスランドのVodafone Icelandなど、14の事業者を追加すると発表した。

追加によって、「海外ダブル定額」を利用できるエリアは、従来の100からソフトバンクモバイルと同じ114の国・地域に拡大する。「海外ダブル定額」は事前の申込みなしで使用でき、渡航先で定額対象の特定の海外事業者に接続すれば、1日につき4万円分の利用(約20万パケット)までは最大1980円、それ以上はどれだけ使っても1日につき最大2980円でパケット通信ができる。

適用条件は、インターネットサービス「IS NETコース」または「EZ WINコース」と、「プランE」「プランEシンプル」「ダブル定額」「ダブル定額ライト」「ダブル定額スーパーライト」「パケット割WINミドル」「パケット割WINスーパー」「ISフラット」「プランF (IS)」「プランF (IS) シンプル」のいずれかの国内パケット定額サービスに加入していること。対象は、端末でのメールやインターネットなどの利用、PCとの接続によるデータ通信で、音声通話、テレビ電話、SMS(Cメール)/国際SMSの利用は対象外。Android搭載スマートフォンとiPhone向けに、渡航先ごとの定額対象事業者を確認や、国・地域別の電話のかけ方や料金などが確認を簡単に確認できる無料アプリ「GLOBAL PASSPORT」を提供している。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング