ペガシス、MPEGビデオ編集ソフト「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」、無劣化データを編集・保存

2012.7.31 12:59配信

ペガシスは、MPEGスマートレンダリングカット編集ソフト「TMPGEnc MPEG Smart Renderer 4」を、8月3日に発売する。ダウンロード販売のみで、価格は6980円。

ストレージメディアの大容量化や低価格化、クラウド化によって、撮影データや録画データをそのまま保存できる環境になりつつある現状を受けて、従来のようなエンコード作業による保存サイズの圧縮や、オーサリングによる再生用メディアへの記録ではなく、「可能な限り無劣化で編集し、そのままローカルに保存する」というコンセプトで開発した。

入力関連の新機能として、H.264/AVC動画ファイルへの対応や、MKVコンテナファイルへの対応、映像フォーマットやサイズの混在入力に対応する「レスキュー機能」、入力ファイルに応じて可能な限り無劣化出力処理を判定する自動判定モード(オートモード)、ブルーレイ/AVCHDファイルからのタイトル単位での動画読込みへの対応などを追加した。

編集関連では、入力設定画面やカット編集画面など、多くの編集画面でアンドゥ/リドゥに対応。「Intuitive Draw Technology」対応で、CUDAデコーダーやIntel Mediaデコーダーとしても使うことができる。また、フルHD素材の編集操作をより快適にするカット編集画面など、さまざまな新機能を搭載する。

出力関連では、H.264/AVC動画のスマートレンダリングに対応。アイ・オー・データ機器の「iVDR-S Media Server 3」を経由したiVDR録画ファイルの編集やスマートレンダリングができる。また、最大8ストリームまでのマルチ音声ストリーム出力やAAC音声のスマートレンダリングに対応し、FLAC形式での音声出力などの新機能を備える。

対応OSは、Windows 7(SP1含む)/Vista(SP2推奨)/XP SP3で、Windows 7以外の64ビットOSでの動作はサポート対象外。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング