秘境のようなコンドルズの舞台。新作は総合力で勝負

2012.7.31 18:32配信
左から藤田善宏、勝山康晴 左から藤田善宏、勝山康晴

学ラン姿でダンス・映像・コントなどを展開する男性のみのダンスカンパニー“コンドルズ”。昨年は活動15周年を記念したベスト版の舞台が大好評だった。今年は新作『Knockin' On Heaven's Door』 を携え、日本縦断ツアーを敢行することが決定した。開幕を前にプロデューサーで出演の勝山康晴と、ダンサーの藤田善宏が福岡で会見を行い、新作舞台への意欲を語った。

『Knockin' On Heaven's Door』チケット情報

「エネルギーは溜まっていて、たいへんフレッシュな感覚でのぞむ」と藤田。新作を創るにあたり、メンバー内でまず“乱暴かつ具体性のない”アイデアをたくさん出し、その中から良いものを見つけ、舞台上で作品として昇華させるという。

「マグマのような状態」だという現在、タイトルにも使われているドアを出演者の人数分の15個舞台に登場させることが決まっている。作品のイメージを勝山はこう語る。「我々がアニメや映画で見てた『マクロス』や『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で描かれた未来は通り過ぎつつあるけど、実際の未来は望んでいたほどバラ色でもなく、みんながかつて見ていた夢は間違っていた、と認めるべき時がきた。ごめんね、子供たち、不甲斐ない大人たちがダメだからこんなになっちゃったって話で。じゃあ、今までとは違う種類の未来とか、理想郷とか、ヘブンと呼んでいい価値観を、ノックしてドアを開けると、っていうような作品です。ちょこっとしか開かないかもしれないし、すぐに閉めちゃうかもしれませんけど(笑)」。

「舞台をやりたいと思っている少年少女たちが色んなものを見て、演劇でもない、バレエでもない、ヒップポップでもない、どれだかわかんないやぁっていう人が辿り着く、そんな秘境みたいな位置にいるんですよ、コンドルズは」と勝山が語るように、言うなれば“コンドルズ”というジャンルを表現し続ける彼ら。年齢を問わず、辿り着いてくれた人たちのために存在し続けるというが「年もくってきて体力的にもそろそろきついので、照明と音響と舞台美術に頼りつつ、若手のエネルギッシュなダンサーたちに頼りつつ、の総合的な力で攻める時代がきたかな」と勝山らしい表現で新作への意欲を見せた。

台詞は減っても笑いは減らさない、ハイテク装置はたくさん使いながらも、見せ方としてはプリミティブな方向で、徹底的にアナクロニズムに、アナログなほうを志向したいと、ふたりは目指す舞台の姿も語ってくれた。

公演は8月23日(木)の東京公演を皮切りに、静岡、富山、新潟、埼玉、広島、福岡、大阪を巡演する。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング