入手困難な吹き替えも収録。名作『E.T.』がついにブルーレイに!

2012.8.1 11:17配信
ブルーレイ『E.T.』コレクターズ・エディション (C)2012 Universal Studios. All Rights Reserved

1982年に製作されたスティーブン・スピルバーグ監督の名作『E.T.』のブルーレイが11月2日(金)に日本発売されることが決定した。

ブルーレイ『E.T.』コレクターズ・エディションの動画

これまで数多くのヒット作、名作を世に送り出してきたスピルバーグ監督が、全世界で約8億ドルもの興行収入を記録したのが『E.T.』だ。アメリカの田舎町で暮らす孤独なエリオット少年と、宇宙からやってきた不思議な生き物(E.T.=The Extra Terrestrial)の友情を描いた本作は、多くの観客に興奮と感動を与え、ゴールデングローブで作品賞を受賞し、米アカデミーでは4部門を受賞した。

今回のブルーレイ化は、映画の公開30周年記念とユニバーサル映画100周年を記念したもの。マスターの元になるのは、2002年に製作された“20周年記念特別版”ではなく、初公開された1982年のオリジナルバージョンで、スピルバーグ監督とユニバーサル映画のデジタル・チームがタッグを組んでデジタル・リマスター作業を実施。音声も7.1ch化が行われている。また、日本版では7.1chのオリジナル音声、5.1hの日本語版に加えて、浪川大輔がエリオットの声を演じ、1991年に日本テレビで放映された“金曜ロードショー放映バージョン”を2.0chで収録している。

他にも削除シーン(約4分)やドキュメンタリーなどの特典映像も収録される予定。

ブルーレイ『E.T.』コレクターズ・エディション
11月2日(金)発売
ブルーレイ+DVD(デジタルコピー機能付き) 2枚組仕様
価格:4190円(税込)
発売元:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

いま人気の動画

     

人気記事ランキング