特命戦隊ゴーバスターズ、早朝に東京タワーに集合!その理由は?

2012.8.1 11:10配信
『特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!』の出演者たち

平成仮面ライダーシリーズ第13作目となる『仮面ライダーフォーゼ』&スーパー戦隊シリーズ第36作目となる『特命戦隊ゴーバスターズ』の人気2大ヒーローが、この夏、スクリーンに見参する。ともに劇場版としては初の単独作とあって、ファンはもちろん、出演者たちの思いも格別なはずだ。そこで『特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!』に出演する鈴木勝大(桜田ヒロム/レッドバスター役)、馬場良馬(岩崎リュウジ/ブルーバスター役)、小宮有紗(宇佐見ヨーコ/イエローバスター役)、松本寛也(陣マサト/ビートバスター役)を直撃し、撮影の裏話や作品への思い入れを語ってもらった。

その他の写真

本作の“ミッション”は人々の生活を支える巨大エネルギー“エネトロン”を亜空間に大量転送しようと企む宿敵ヴァグラスを阻止すること。物語の舞台となる東京エネタワーは、東京・港区の東京タワーで撮影が行われ「スカイツリーじゃなくて、東京タワーっていうのがゴーバスターズらしいですよね」(鈴木)。タワーの営業が午前9時に始まるため、かなり早い時間から全員集合しリハや撮影準備、そして本番をこなす強行軍。それでも「特別展望室からの眺めはまさに絶景! かなりの高さで正直怖かったですけど(笑)、劇場版にふさわしいダイナミックな撮影に挑めました」(鈴木)、「朝が早くてつらかったですが、ロケーションを活かしたすごいアクションになりました」(馬場)と手応えは十分だ。

一方、松本は残念ながら東京タワーでの撮影には不参加だったが「東京タワーがよく見える新橋の駅ビルで撮影しました。実は高い場所が苦手なので……、かなり苦労しましたね」と振り返る。“苦手”といえば、小宮が悩まされたのが潜水艦での撮影だといい「水があまり得意じゃないので、船酔いしてしまいました」。それぞれの壁を乗り越え、ヒーローを演じきるキャスト陣の姿は、子どもたちにきっと勇気づけられるはずだ。

東京タワーなど地の利を得たロケをはじめ、劇場版ならでのは縦横無尽でド派手なアクションが見どころの本作。バディロイドやバスターマシンが出撃不能となった大ピンチの中、劇場版限定のバスターマシンや新たな合体によって誕生する強力メガソードといった“スペシャル感”も満載だ。新世代スーパー戦隊の魅力が描きつくされた本作に、鈴木も「やっぱり夏休みって子どもたちにとっては特別ですからね。(放送開始からの)半年間がギュッと凝縮された作品なので、ぜひ楽しんでほしいです!」とアピールにも熱がこもった。

『特命戦隊ゴーバスターズ THE MOVIE 東京エネタワーを守れ!』

※取材・文・写真:内田涼

いま人気の動画

     

人気記事ランキング