ドコモ、「REGZA Phone T-01D」を発売、ポータルサイト「dメニュー」とコンテンツマーケット「dマーケット」開始

2011.11.11 18:28配信
docomo STYLE series F-02D

NTTドコモは、最新の映像高画質化技術「モバイルレグザエンジン5.0」を搭載したスマートフォン「docomo with series REGZA Phone T-01D」を11月18日に発売する。

東芝製の液晶テレビ「レグザ」の名を冠したAndroid 2.3搭載スマートフォン。「レグザ」の高画質化技術をベースに、スマートフォンに最適化した最新の映像高画質化技術「モバイルレグザエンジン5.0」を搭載した。約4.3インチの大画面で1677万色のフルカラーに対応する超高精細HD液晶、高音質エンジン「Dolby Mobile v3」と組み合わせ、高画質・高音質で動画やワンセグなどを楽しめる。「レグザ」や「レグザブルーレイ」などとつなげる「レグザリンク・シェア」に対応。録画したテレビ番組や視聴中の番組を「REGZA Phone T-01D」で視聴できる。

1.2GHzデュアルコアCPU(OMAP4)と「サクサクタッチパネル」で快適な操作を実現した。このほか、裏面照射型CMOSセンサ「Exmor for Mobile」と富士通製の高性能画像処理エンジン「Milbeaut Mobile」を採用した有効約1310万画素の高性能カメラ、指紋センサなどを搭載する。高性能手書き文字認識エンジンを採用した「NX! Input」と日本語入力システム「ATOK」、赤外線、おサイフケータイにも対応する。

IPX5/8の防水・IP5Xの防塵性能を備える。カラーは、Dark Green、Black、Bordeauxの3色。サイズは高さ約129.0×幅約64.0×厚さ約8.8mmで、重さは約120g。

NTTドコモは、「REGZA Phone T-01D」の発売に合わせて、11月18日からスマートフォン向けの新サービス「dメニュー」「dマーケット」を開始。さらに、電話帳(名刺交換機能)の提供など、スマートフォン向けサービスを拡充する。

「dメニュー」は、スマートフォン向けのポータルサイト。利用料金の確認やメール設定など、お客様サポートのメニューも用意する。iモードと同様の課金・認証の仕組みを導入することで、iモード対応携帯電話からスマートフォンに機種変更した場合、特別な設定をしなくてもiモードでマイメニュー登録しているコンテンツを継続して利用できるようにした。

当初のメニューリスト掲載サイト数は、約500社・約3400サイト。さらに年内に、約700社・約3600サイトに拡大する予定。推奨機種は、ドコモのスマートフォンとタブレット。

「dマーケット」は、ドコモ直営のコンテンツマーケット。コンテンツストア「VIDEOストア」「BOOKストア」「MUSICストア」と、Androidマーケットのアプリを一人ひとりに合わせて紹介する「アプリ&レビュー」を用意する。利用には、「spモード」の契約が必要。「BOOKストア」「MUSICストア」では、ドコモポイントを利用してコンテンツと交換することができる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング