フォースメディア、一酸化炭素中毒を予防、住宅用一酸化炭素警報器「ストーブ見張り番」

2011.11.11 18:26配信
ストーブ見張り番

フォースメディアは、「J-Force」ブランド製品として、住宅用一酸化炭素警報器「ストーブ見張り番」(JF-EDCO1)を、11月下旬に発売する。価格はオープンで、実勢価格は6980円前後の見込み。

信頼性の高い日本製の電子化学反応式一酸化炭素(CO)センサを搭載し、室内の一酸化炭素濃度が一定値を超えると、3mで85dB以上の警報音と、赤LED点滅の光で知らせる。

電源は単3形アルカリ乾電池×3で、約4年間動作する。電池残量が少なくなると、黄色LEDとアラーム音で知らせる。乾電池を使用するので、配線工事不要で簡単に取り付けることができる。サイズは直径12.5×奥行き3.5cmで、重さは約140g。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング