日本版スピンオフも!? 超過激映画『ムカデ人間2』がヒットした理由とは?

2012.8.2 17:45配信
『ムカデ人間2』(C)2011 SIX ENTERTAINMENT

現在公開中の映画『ムカデ人間2』が大ヒットを記録している。過激な設定と描写が続くことから世界各国で上映が禁止されている本作は、なぜ、日本でヒットしているのだろうか? 本作の日本配給を手がけるトランスフォーマーの叶井俊太郎氏に話を聞いた。

その他の写真

本作は、人間を数珠繋ぎにして“ムカデ人間”を作り出そうとする医師の狂気を描いたホラー映画の続編で、前作が“穏やかな映画”に見えるほど残酷な描写が次々に登場する作品だ。おかげで本作は、前作以上に上映禁止処分を下す国が多く、叶井氏によると「アメリカもイギリスも大幅にカットして上映しているので、完全版は日本だけじゃないかな。ドイツも上映はダメと言われて、DVDで出そうとしても審査委員会にダメと言われてバイヤーが困ってるらしい」と話す。

もちろん、日本でも多くの劇場で上映するために、映倫(映画倫理委員会)の審査を受けた。その結果、「大人向きの作品で、極めて刺激の強い殺傷出血、肉体損壊、性的暴力、惨殺死体の描写、性的倒錯及び性的台詞がみられ、標記区分に指定します」という理由で“R18+”に指定された。叶井氏は「映倫も事前に海外の状況とか全部調べてて、審査する前に『このままじゃ上映禁止ですよ』って言われたんだけど、審査してもらったら『10か所ほど修正してください』って結果で。まぁ、しょうがないよね」と振り返るも、「外国ではフィルム焼却処分ということもあるけど、日本は他の国にくらべるとユルいし、寛容だよね。宗教的な問題もあるのかもしれないけど、日本は修正しろとは言うけど、結局は上映できるんだよね」と分析する。

一方、観客は前作がヒットしたこともあって、本作に大きな期待を寄せていたようだ。前売り券が前作の2倍の売れ行きを見せ、公開初日から立ち見が出るヒットを記録している。「前売り券買ってる人の半分以上が女性らしいんだよね。こういう映画ばっかりだと困るけど、たまにこういう見世物小屋的というか“怖いもの見たさ”的な映画があってもいいと思うんだよ。最近は、中身がわかりきった映画が多いから、ポスターのビジュアルやタイトルのインパクトで“中身はよくわからないけどスゴい”というのに反応してくれてるんだと思う。何とかして前作の成績を超えたいよね」。

ちなみに現在、トム・シックス監督はシリーズの完結編となるパート3の製作に着手しているが、その後には何と!日本版製作のアイデアもあるという。「スピンオフの製作というアイデアも持ち上がっている。公開は3の後になるけど、トム・シックスに監修してもらって、シリーズの物語に沿ったものになるといいね。トム・シックスにその話をしたら『ぜひ!』ってことなんで、面白いことなるんじゃないかな」

『ムカデ人間2』
公開中

いま人気の動画

     

人気記事ランキング