日本マイクロソフト、無料の個人向けメールサービス「Outlook.com」、プレビュー版の提供を開始

2012.8.2 18:27配信
画面イメージ

日本マイクロソフトは、7月31日、無料の個人向けメールサービス「Outlook.com」のプレビュー版の提供を開始したことを公式ブログ「The official Microsoft Japan Blog」で発表した。

「Outlook.com」は、クラウド最優先の設計で、すべてのメールがどこにいても利用できる無料の個人向けメールサービス。実質的に容量無制限の受信トレイ、業界最先端のスパム保護、堅牢なアカウント保護などの機能を提供する。

Facebook、Twitter、LinkedIn、Googleと、Skype(予定)に連携。個人メールに友人の写真、友人がシェアしてくれた最新のステータスやつぶやき、チャットやビデオ通話を行う機能を提供する。また、さらに、知人からのメッセージ、ニュースレター、ソーシャルネットワークの更新情報などを自動的に振り分け、数クリックの簡単な操作で必要なメールにアクセスできる。

Word、PowerPoint、Excel、OneNoteなど、無料のOffice Web Appsを使って、受信トレイを離れることなく添付ファイルの閲覧や編集ができる。また、写真やドキュメントなどのファイルを送信する際に、無料のオンラインストレージ「SkyDrive」にファイルを置くことで、添付ファイルの上限サイズを気にする必要がなくなる。

マイクロソフトのアカウントをもっていれば、ログインしてすぐに使用することができる。Gmail、Yahooなどの他のメールサービスを使っている場合は、メールをOutlook.comに転送したり、手順に従ってアドレス帳やメッセージをインポートしたりできる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング