海老蔵、福助との濃厚な濡れ場シーンも「役作りは必要なし」

2012.8.6 16:30配信
『桜姫東文章』右:桜姫(中村福助)、左:釣鐘権助(市川海老蔵) (C)松竹株式会社 『桜姫東文章』右:桜姫(中村福助)、左:釣鐘権助(市川海老蔵) (C)松竹株式会社

中村福助、市川海老蔵、片岡愛之助らが出演する新橋演舞場『八月花形歌舞伎』が8月4日初日を迎えた。

『八月花形歌舞伎』チケット情報

昼の部は、運命に翻弄される女と男の因果を描く鶴屋南北の人気作『桜姫東文章』を上演。海老蔵が扮する悪党が福助演じる桜姫を犯す大胆な濡れ場が見どころ。夜の部『伊達の十役』は2010年1月に海老蔵が演じ、40数回におよぶ早替り、迫力の宙乗りにダイナミックな大道具の仕掛けで大評判となった舞台の再演。

福助と海老蔵は初日に向けて以下のコメントを発表した。

■中村福助のコメント

■市川海老蔵のコメント

公演は8月23日(木)まで、東京・新橋演舞場にて上演。チケットは発売中。なお、チケットぴあでは桟敷席と新橋演舞場の数量限定人気メニュー「うな重」がセットになった桟敷席(食事付)も発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング