パナソニック、サイクロン式掃除機「MC-SSシリーズ」、フィルターの目詰まりを軽減する「ダブル反転気流」採用

2012.8.7 17:7配信
MC-SS520GX

パナソニックは、フィルターの目詰まりを軽減する独自の「ダブル反転気流」と、三段階の集じんフィルターによってパワーを持続するサイクロン式掃除機「MC-SSシリーズ」を、9月25日に発売する。価格はオープン。

フィルターの目詰まりを軽減するとともに細じんの侵入を防ぐ独自の「ダブル反転気流」での一次分離、見えない細じんをキャッチする「逃がさんフィルター」での二次分離、さらに新搭載の三次分離フィルタ「ULPAフィルター」の三段階の集じんによって、0.3μm(マイクロメートル)以上の微細じんを約99.999%キャッチ。強力パワーを99%以上持続し、手入れもしやすい。

LEDの光を床に当ててゴミを浮かび上がらせて見せることでこれまで見えにくかったゴミの取り残しを防ぐ「LEDナビライト」や、目に見えないハウスダストを検知する「ハウスダスト発見センサー」を備える。また「エコナビ」機能として、掃除の中断時に床面からノズルを浮かせると自動で運転を停止する「アイドリングオフ」機能を採用する。

ラインアップと実勢価格は、外観がフィルム加飾でプレミアムレッドの「MC-SS520GX」が9万円前後、メタリックピンク塗装とシャイニーシルバー塗装の「MC-SS320GX」が8万円前後の見込み。ともに、部屋の空気をきれいにする「ナノイー」機能を搭載する。「ナノイー」非搭載で、メタリックブルー塗装とシャイニーシルバー塗装の「MC-SS220G」は7万円前後の見込み。

サイズは、すべて幅268×奥行き400×高さ313mm。重さは、「MC-SS520GX」「MC-SS320GX」が5.1kg、「MC-SS220G」が5.0kg。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング