NTT東日本、「フレッツ・スポット」のウェブ認証接続エリアを拡大、スマートフォンなどの接続に対応

2012.8.9 11:1配信

NTT東日本は、公衆無線LANサービス「フレッツ・スポット」で、スマートフォンやタブレット端末などから直接接続できるウェブ認証方式での接続対応を、8月8日から順次開始した。

現在、PPPoE接続(端末認証方式)で提供している約4800か所の「フレッツ・スポット」エリアで、ウェブ認証方式での接続に順次対応。これによって、スマートフォンやタブレット端末など、PPPoE非対応端末で「フレッツ・スポット」に直接接続できるようになる。フレッツ・スポット認証IDとパスワードを使って接続認証する。

8月31日までに東京メトロ各駅全エリア、9月上旬までに羽田空港国内線旅客ターミナル、9月30日までにつくばエクスプレス列車内全エリアで提供する予定。また、東日本エリアのスターバックス、ケンタッキーフライドチキン、モスバーガー、ロッテリアなどの大手チェーン店舗にも順次提供し、ウェブ認証方式の「フレッツ・スポット」エリアを拡大する。セブン&アイホールディング各グループの店舗と合わせて、約1万2000か所で利用できるようにする。

このほか、スマートフォンアプリ「FLET’S 光WiFi」のAndroid版で、「フレッツ・スポット(Web認証方式)」に自動的にログインして接続できるようにする。また、Wi-Fiルータの設置場所「光ステーション」エリア検索に加え、「フレッツ・スポット(Web認証方式)」エリアの検索ができる。iOS向けは今後対応する予定。

・「FLET’S 光WiFi」をダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング