AAA、U-KISS、アーロンら日韓台アーティスト10組が「a-nation」で共演

2012.8.10 13:24配信
AAA AAA

今月3日より開催中のタウンフェス「a-nation musicweek」。アジアを代表するニューエイジ男性アーティストを中心にした『ASIA Progress M』が8月9日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開催され、日本、韓国、台湾から10組のアーティストが出演、熱狂のパフォーマンスを繰り広げた。

「a-nation」の公演チケット情報

A-JAX(韓国)と4ever(台湾)がオープニングを飾り、DA PUMP(日本)がトップバッターで登場。メドレーを含む全5曲を躍動感あふれるパフォーマンスで魅せ、会場を盛り上げた。織り成すハーモニーで魅了したBREATH(日本)に続き、SHU-I(韓国)は「このステージに骨を埋めるほど頑張ります!」(ジンソク)と元気いっぱいに歌い踊り、DEEP(日本)はアカペラや新曲『GO』(8月15日発売)を熱唱し、会場を魅了した。

フェイルンハイのア-ロン(台湾)が登場すると、客席から黄色い歓声が飛び、アーロンは「こんな素敵なステージでみなさんと会えて嬉しいです」とご機嫌。日本で新曲をリリースする計画を明かし、全4曲を披露した。大歓声の中登場した三浦大知(日本)は、「まだまだ行くぞ!」と観客をあおり、華麗なパフォーマンスで観客を圧倒。そして、U-KISS(韓国)が登場するとさらにボルテージは上昇。悲鳴のような歓声の中、「今回、a-nationのステージに初めて立たせていただきました!」(スヒョン)、「先輩たちと一緒に大きなステージに立つ事ができて光栄」(ドンホ)と大興奮の様子でコメントし、日本デビュー曲『Tick Tack』や新曲『One of You』(9月5日発売)を初披露し、気合十分なステージで場内を熱狂の渦に巻き込んだ。

客席が総立ちで迎えたのは、大トリを飾ったAAA(日本)。浦田直也が「最後の力をふりしぼって、一緒に楽しむ準備はできてますか?」と客席をあおると、『777』『Charge & Go!』などメドレーを含む全7曲でパフォーマンスを披露。最後は『ハリケーン・リリ,ボストン・マリ』で場内が一体となってタオルを振り回してジャンプ。代々木を揺らしながら、最高潮の盛り上がりでラストを締めくくった。

開催11年目を迎え、新たに生まれ変わったエイベックス主催の音楽フェス「a-nation」は、10日間にわたりバンドやアイドル、アニメ、ロックなどのジャンルごとのライブイベント「musicweek」と、東京・味の素スタジアムと大阪・長居陸上競技場で行われる「stadium fes.」の2本立てで開催。チケットは発売中。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング