『親父の仕事は裏稼業』完成披露で、杉サマ、家族の絆を語る

2012.8.13 13:6配信
左から、梨里杏、池内博之、杉良太郎、高嶋礼子、袴田吉彦、小野健斗

携帯専用放送局BeeTVにて、8月20日(月)より配信が始まるドラマ『親父の仕事は裏稼業』の完成披露上映会が12日に都内で行われ、杉良太郎ら出演者が舞台あいさつに登場した。

その他の写真

本作は、杉良太郎自身が長年温めた企画を脚本、監督、主演、主題歌、殺陣と実に6役をこなして製作した家族ドラマ。ヤクザの4代目組長である父とその妻、そして4人の子供たちが、それぞれ問題を抱えぶつかり合いながらも、絆を再確認していく様を温かく見つめる。

登壇した杉は作品のテーマについて「家族の意識が薄れていると感じることの多い今、改めてその素晴らしさを伝えたいと感じました」とコメント。昨今のいじめ問題などを交えながら、家族の大切さを強調した。撮影中は自らアクションの立ち回りや、演技指導も行ったという杉。妻役を演じた高嶋礼子が、「昨今ではめっきり役者に芝居を教えてくれる監督はいないんです。そういった意味で杉さんは貴重な役者であり監督。ほどよい緊張感のあるいい現場でした」と振り返ると、「さすが女房は違うね」と照れながら笑顔を見せる場面も。子供たちを演じた池内博之、袴田吉彦、小野健斗、梨里杏ら4人の俳優たちも口々に、大先輩と共演しての喜びを語り、世代を超えて感動を呼ぶドラマをアピールした。

また、この日は2日後に控えた杉良太郎の68歳の誕生日を前に、サプライズで特製のバースデーケーキが登場。出演者5名と会場に集まった120名の観客が共に、バースデーソングを歌う様子にはさすがの杉も驚きを隠せなかったよう。「こんなところで皆さんにお祝いしていただいて感無量です」とにこやかに応え、会場は一家団欒さながらの和やかな雰囲気に包まれた。

『親父の仕事は裏稼業』

「dマーケット VIDEOストア powered by BeeTV」&「BeeTV」で7月20日から配信開始」
アクセス方法:
ドコモの携帯から
【iモードならBeeTV】iメニュー>動画>BeeTV
【スマホならVIDEOストア】dメニュー>dマーケット>VIDEOストア powered by BeeTV

いま人気の動画

     

人気記事ランキング