井上芳雄と坂本真綾がふたりっきりで初共演!

2012.8.13 20:30配信
『ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~』製作発表より 左から演出のジョン・ケアード、ジルーシャ役の坂本真綾、ジャーヴィス役の井上芳雄、玉井義臣あしなが育英会会長 『ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~』製作発表より 左から演出のジョン・ケアード、ジルーシャ役の坂本真綾、ジャーヴィス役の井上芳雄、玉井義臣あしなが育英会会長

9月2日(日)に東京・シアタークリエで開幕する舞台『ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~』の製作発表が8月13日に都内で行われ、脚本・演出のジョン・ケアード、キャストの井上芳雄と坂本真綾、あしなが育英会の玉井義臣会長が報道陣の前に登場した。

2009年にアメリカのカリフォルニア州で初演されたミュージカルで、今回が日本初演となる。原作となったジーン・ウェブスターの小説『足ながおじさん』は日本ではあまりにも有名だが、「アメリカ人はあまり知らない」とケアードは言う。「私も、12年ぐらい前、妻(本作品の翻訳・訳詞を務める今井麻緒子)に手渡されて初めて知りました。最初にこの作品に触れた東京の地で公演できるのはうれしい」。

孤児院で暮らす少女ジルーシャと、彼女に金銭的援助を続ける若き紳士ジャーヴィスの物語が、ふたり芝居仕立てで描かれる。ジャーヴィス役の井上は「この作品をやると発表したとき、特に女性からの反応が大きくて、“小さい頃からの愛読書だった”という声を多くいただいた。僕は今回初めて原作を読んだんですけど、これはジルーシャの成長の物語であると同時に、経済的にも社会的にも満たされていながら問題も抱えるジャーヴィスが、人間として救われていく、という話だと思いました」とコメント。一方、ジルーシャを演じる坂本は、「『足ながおじさん』はとても好きで、よく知っているつもりでいたんですけど、あらためて読み返して、児童文学というイメージより、これはラブストーリーでもあったんだなと再認識しました」と作品の魅力を話す。

井上との初共演ついて訊かれた坂本が「いらっしゃるだけで、安心感というか心強さがあります。パートナーと一緒に作る作品だと思うので、もっと仲良くなりたくて、1日ひとつ質問するように心がけています」と語ると、井上は「それは知らなかった。さっき唐突に“風邪とかひかないんですか?”と訊かれましたけど、そういうことだったんですね!」と驚いた様子。坂本については「とても聡明。舞台を中心にやっている人とは違う熱の発し方というか。先日ジョンの発案でいきなり第1幕を通して演じたんですけど、すでに台本を手に持っていなかった。静かな闘志を感じます」とその印象を語った。

ミュージカル・ロマンス『ダディ・ロング・レッグズ~足ながおじさんより~』は、シアタークリエにて9月2日(日)から19日(水)まで上演。東京公演の後、新潟、大分、大阪、福岡の各地を巡演する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング