ロバート・パティンソン、スキャンダル後初のTV出演

2012.8.15 16:8配信

クリステン・スチュワートの浮気騒動の渦中にあるロバート・パティンソンが、アメリカ時間13日、トークショーに出演した。その夜には『コスモポリス』のニューヨークプレミアにも出席している。

スチュワートと『スノーホワイト』のルパート・サンダース監督の浮気が発覚して以来、パティンソンはスチュワートと同居していた家を出て、カリフォルニア州オハイにあるリース・ウィザースプーンの別荘に身を隠していた。この日、人気トーク番組に出演したのは、最新作『コスモポリス』のプロモーションのため。司会のジョン・スチュワートは、ベン&ジェリーのアイスクリームを用意してパティンソンを迎え、「僕がずっと昔失恋した時、ベン&ジェリーが心を癒してくれたんだ」とその理由を説明。「大丈夫? 僕にすべてを話してよ」と率直に質問すると、パティンソンは照れくさそうに笑いながら、「インタビューというのは奇妙なものだよね。どうアプローチしていいかわからない」と答え、「僕はケチだからパブリシストを雇っていないんだよ。それが問題なんだ。雇わなきゃ」とも付け加えた。辛い思いをしているにも関わらず、明るくチャーミングにふるまうパティンソンに、収録スタジオの観客は大きな拍手をおくった。

パティンソンは、私生活では困難に直面しているが、キャリアは好調。デビッド・クローネンバーグ監督の『コスモポリス』でこれまでとまったく違う役に挑戦した彼は、つい最近、ヴェルナー・ヘルツォーク監督の『Queen of the Desert』に出演が決まったばかり。20世紀の幕開けの頃を舞台にした物語で、パティンソンの役は、アラビアのロレンスことT.E.ロレンス。共演はナオミ・ワッツ。ほかにもいくつか興味深い作品がラインナップされており、『トワイライト』シリーズ終了後も大活躍が期待される。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング