水樹奈々が全米大ヒット作『ハンガー・ゲーム』日本語版キャストに

2012.8.16 18:00配信
『ハンガー・ゲーム』の主人公カットニスと日本語版で声を務める水樹奈々(C) 2012 LIONS GATE FILMS INC. ALL RIGHTS RESERVED

全世界72国で興行ランキング初登場首位を獲得した映画『ハンガー・ゲーム』の日本語版の主人公の声を、声優だけでなく、歌手やナレーターとしても活躍している水樹奈々が演じることが発表された。水樹がハリウッド映画で吹き替え主演を務めるのは初となる。

その他の写真

『ハンガー・ゲーム』は、富裕層が支配する独裁国家で、国民を服従させるために実施されるサバイバル・ゲーム“ハンガー・ゲーム”に身を投じることになった少女カットニスが、同郷のピータと共に、壮絶な戦いを繰り広げる様を描いた作品。

妹を守るために自ら危険なゲームに志願し、孤立無援の状態で必死に生き抜こうとする主人公カットニスについて水樹は「主人公のカットニスの存在感・どんな状況にも屈せず突き進んでいく勇敢さに、ものすごく心を打たれます。カットニスの男気、知恵、機転の利き方が男らしくて、監督さんからも『もっとワイルドで!』というアドバイスをいただきました」と言い、「設定が本当に面白く、ファンタジーな世界とリアルの世界の融合、楽しさと恐怖を感じてもらえる作品だと思います。一度観ると私同様、ハマると思います!是非ご覧ください!」とコメントしている。

配給を手掛ける角川映画は水樹の起用について「経験値、実力は言うまでもなく、枠を超えた活動と活躍は、今後数年続くハリウッドの大作シリーズ作品に相応しいこと、そして厳しい現実に直面しながらも決してあきらめることなく夢を信じ続けてきた水樹さんご自身の“内面の芯の強さ”が、本作のヒロイン・カットニスに通じるものを感じ、主演の吹き替えに依頼した」と説明している。

本作は全世界で圧倒的なヒットを記録したことを受け、すでに続編の製作も開始されており、配給元は単なる話題作りではなく、実力と経験のある水樹を起用することで、シリーズを通してキャラクターと作品の世界観を観客に伝えたいという想いがあるようだ。

『ハンガー・ゲーム』
9月28日(金) TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング