『贖罪』特別上映会で森山未來&黒沢清監督が登壇!

2012.8.20 15:28配信
『贖罪』特別上映会のトークショーに登壇した(写真左から)森山未來、黒沢清監督(C)2012 WOWOW (C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment

デビュー作『告白』で人気を得た湊かなえの原作を、小泉今日子主演でドラマ化したミステリー作『贖罪』が24日(金)にDVDリリースされるにあたり、19日に都内で全5話一挙上映会&トークショーを実施。黒沢清監督と、第1話に出演した森山未來が登壇した。

その他の写真

『贖罪』は、15年前に小学生の娘を殺害された母親(小泉)と、当時事件を目撃したことが原因で、“償い”の思いを抱えながら大人になった4人の女性が、連鎖する悲劇を引き寄せていく姿を描いた物語。5話構成になっており、蒼井優、小池栄子、安藤サクラ、池脇千鶴ら豪華女優陣が出演している。

29日(水)から開催される第69回ヴェネチア国際映画祭(アウト・オブ・コンペティション部門)、第37回トロント国際映画祭(コンテンポラリーワールドシネマ部門)ほかでの上映が決定しており、世界的に注目されている本作。これに対して黒沢監督は、「本当にうれしい。幸福な出会いがあった作品だったと思います。はじめてのTVドラマでしたので、やはり映画とは違うと覚悟を決めて取り組んだのですが、本当にスタッフとキャストに恵まれて、映画と遜色のない自分らしい作品が作れたと思っています」と喜びを語った。

一方、森山が出演するのは『贖罪 第1話 フランス人形』で、“ある秘密”を抱えるという難しい役どころ。森山は黒沢監督の演出に対して、「主人公が変わった性癖を持っているので色々とイメージを持って現場に入ったのですが、それを上手く監督にいなされながら演じた気がしています。自分の感覚が抜けた時、自分のイメージと微妙にズレた時に、そのシーンでOKが出る感じでした」とコメント。それに対して黒沢監督は、「森山さんの印象としては、僕が攻めるとヌメっとかわしていくので、そこを僕がまた攻めると。ただ、演技に関しては、特に私は何もしていません。あの雰囲気は、(第1話で共演した)蒼井優さんとのふたりのコンビネーションによって生まれたものだと思いますので、非常に面白かったですね」と絶賛していた。

そんなふたりには撮影中に共通の思い出があるようで、「台詞のないシーンがあったのですが、森山さんのほうから何か台詞があったほうが良いのではと意見があった。それで、その夜に、あるアイデアを考え付きまして“ある台詞”を台本に入れ込んでみたんです」と黒沢監督が述べると森山は、「次の日、その台詞を演じてみたら、すごくしっくりきて、スゴイなと。でも、その台詞については助監督の方と意見の相違というか、ケンカになりまして。最終的には監督の判断に任せようと、そこでは納得したのですが(笑)」と会場の笑いを誘う場面も見られた。

『贖罪』
レンタル:8月24日(金) 前篇・中篇・後篇(全5話)レンタル開始
セル:8月24日(金) DVDコレクターズBOX【初回生産限定】発売開始
DVDコレクターズBOX【初回生産限定】 8990円(税込)
発売元:20世紀フォックス ホーム エンターテイメント

いま人気の動画

     

人気記事ランキング