泉谷×綾戸、日本音楽界“最強のふたり”がパワフルすぎるトークを披露

2012.8.21 12:24配信
(左から)綾戸智恵、泉谷しげる

昨年のフランス映画の年間興行収入No1に輝き、東京国際映画祭でもグランプリほか史上初の3冠を獲得した『最強のふたり』の特別試写会が行われ、泉谷しげると綾戸智恵がトークショーに臨んだ。

その他の写真

本作は、事故で全身麻痺となり車いす生活をおくる大富豪と、彼を介護することになったスラム育ちの黒人青年との友情を描いたヒューマン・ドラマ。価値観も育った環境も正反対のふたりが、反発しあいながらも心を通わせていく姿が感動的な1作となっている。この日は映画にちなみ、車椅子の利用者とその付き添いの方を招いての試写会となった。

作品の感想を聞かれた泉谷は、開口一番「しょうもない映画だ本当に。下品な会話のオンパレードで(笑)」とおなじみの毒舌を披露するも、「障害者とはいえ、丁寧に扱われることへの距離感があるはず。この映画はそれをうまく描いている」と独自の見解をコメント。一方、綾戸は「素で接することでお互いがイーブンになれる。私も母親にムカついたことなんぼでもあります。正直にぶつかっていくことも大切」と実母への介護の経験を交えて振り返った。

日本音楽界の“最強のふたり”と紹介された両者は、歯に衣着せぬ物言いで、障害や差別といった話題にも果敢に言及。「失うことは新たなものを得るチャンス」と泉谷が語れば、「人に押してもらって歩ける人がいるように、押してあげる方もその行為の中で何かをもらえる」と綾戸が返答。ピッタリと息のあったトークからはまさに、“最強のふたり”らしい仲の良さが垣間見えた。では、ふたりにとって自分が考える“最強のもうひとり”とは一体誰なのだろうか? 泉谷は迷わず「孫」と即答し、普段は見せない“おじいちゃん”の顔で照れ笑い。一方、綾戸は「コンサートのお客さん。ひとりで歌ったらあんな声は出ない」とファンへの感謝を言葉にした。

イベントの最後に行なわれたマスコミ向けの写真撮影では、お互いに首を絞め合うパフォーマンスを披露。そんな“最強のふたり”の姿に会場は笑いに包まれていた。

『最強のふたり』

取材・文・写真:渡部あきこ

いま人気の動画

     

人気記事ランキング