お台場のガンダム像を見つつ、ガンダム漫画のパロディを楽しむ

2012.8.23 10:30

「ダイバーシティ東京」に立つ実物大のガンダム像や、ガンダムカフェをめぐるほか、「機動戦士ガンダム」をベースとしたパロディ『トニーたけざきのガンダム漫画』を紹介。原作者・安彦良和氏の絵柄そっくりのタッチでおくる、ガンダム史上最高のギャグ・パロディコミック。ガンダムファンはもちろん、楽しくガンダムを知りたい人にもおすすめの作品。

ダイバーシティ東京に立つ実物大のガンダム像。動き出さないのが不思議なくらいの威圧感と完成度だ。先日、私も訪れたが、夏休み中とあってか、暑い中でも多くの人で賑わっていた。写真を撮るのはもちろんのこと、数人で集まって「ガンダムー!」や、おそらく「(アムロ)行きます」のもじりであろう「撮りまーす」と叫びながらポーズを決めてファインダーに収まる者達もいた。ハレの場で少々ハメを外すのはご愛嬌だろう。

併設されたガンダムカフェダイバーシティ東京プラザ店では、ガンダムグッズやガンダムにちなんだ食べものや飲みものが発売されていた。少々、値段が高いのは観光地価格で止むを得ないか。“赤い彗星ソーダ”(税込み340円)を頼んだ。

 
 

注文を受けたレジの店員が、作り手に「シャアひとつ」と頼んだのには、内心ニヤリとさせられた。しかしながら残念なことに、お台場のガンダムカフェでは、店内に飲食スペースがない。店前に階段があり、その日陰の部分に腰を降ろす来客がたくさんいた。今からでも遅くは無い。何か休憩スペースが欲しいものだ。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング