高倉健登壇! 映画『あなたへ』完成披露

2012.8.22 12:10配信
(写真左から)降旗康男監督、長塚京三、田中裕子、高倉健、ビートたけし

映画『あなたへ』の完成披露試写会が21日に東京国際フォーラムで開催され、6年ぶりの映画主演となる高倉健をはじめ、田中裕子、草なぎ剛、綾瀬はるか、長塚京三、ビートたけし、降旗康男監督が上映前に舞台あいさつを行なった。

その他の写真

本作は、亡くなった妻から届いた手紙に書かれた言葉の真意を確かめるべく、妻の故郷である長崎県・平戸へと旅立つ刑務官の男が、旅先での出会いを通じ、妻の思いを感じ取っていく様を静かに描いた物語。

高倉らが客席脇の入り口から登場すると3千人の観客は総立ちで拍手。高倉は大歓声に感激した面持ちで壇上へ。マイクを握ると「お暑い中をこんなに大勢…感動しています」と短い言葉の中に喜びと感謝の思いを込めた。高倉にとっては6年ぶりの主演作。“最後の銀幕スター”のスクリーンへの帰還を待ちわびたファンへの披露を前に「緊張してます。一生懸命やりました。やっと最近、降旗監督がどういうメッセージを込めたのか分かった。情けない俳優です」と照れくさそうに言葉をつないだ。

そんな高倉と『ホタル』に続いて夫婦を演じた田中は「緊張の連続でした。夫婦の何でもない感じを出すのが難しくて…でも、貴重な時間を過ごさせてもらいました」と穏やかな笑顔を浮かべた。

一方、『夜叉』以来の共演を果たしたたけしは、高倉がオフの日に極寒の撮影現場を訪れてもストーブにあたらなかったというエピソードや、自身がラジオで暴露した高倉は撮影現場でイスに座らないといった“伝説”に触れ「おれがラジオで言っちゃったから、健さんに『あんたのおかげで座れなくなった』と怒られた(笑)」と告白。改めて高倉は「訂正します。全部タケちゃんの作り話です。迷惑してます」と抗議し会場は笑いに包まれた。

草なぎは憧れの高倉と同じ舞台に並んで立つということで「人間、緊張しすぎると緊張しなくなるんですね」と妙なテンション。「健さんの隣にいるだけで役者にならせてもらいました。お芝居は全然してません(苦笑)」と撮影をふり返った。綾瀬も「気さくにいろんな話をしていただき、すごくおいしいコーヒーもごちそうになりました」と子供のように目を輝かせていた。

降旗監督は「健さんは僕のアイドル」と独特の言葉で半世紀に及ぶふたりの関係性を表現。「ぜひまたもう1回、“アイドル映画”を撮る機会があれば」とさらなるコンビ作に意欲を燃やし、客席は期待を込めた温かい拍手に包まれた。

『あなたへ』
8月25日(土)全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング