乃木坂46が全米大ヒット映画の日本語版キャストの座をかけバトル開始!

2012.8.22 11:55配信
『ハンガー・ゲーム』キャスト・オーディションに挑む乃木坂46

全世界72国で興行ランキング初登場首位を獲得した映画『ハンガー・ゲーム』の日本語版キャストのひとりを、乃木坂46が務めることになり、メンバー33人の中から、劇中に登場する少女ルーの声を演じるキャスト1名を決めるオーディションが行われることが発表された。

その他の写真

『ハンガー・ゲーム』は、富裕層が支配する独裁国家で、国民を服従させるために実施されるサバイバル・ゲーム“ハンガー・ゲーム”に身を投じることになった少女カットニスが、同郷のピータと共に、壮絶な戦いを繰り広げる様を描いた作品。

本作で、乃木坂46のメンバー1名が演じるのは、“ハンガー・ゲーム”に参加する少女ルー。過酷なゲームの中で主人公カットニスと心を通わせながら、どちらかがゲームから“脱落(=死)”することを受け入れる複雑な役どころだ。オーディションはメンバー全33人が参加し、1名を選出する。キャプテンの桜井玲香は「今回は役が1つですが、メンバー33人それぞれが生き残りをかけて全力で頑張ろうと思います。今回吹替え初体験のメンバーが多いですが、実は才能あるメンバーがいたりと今まで気づかなかった新発見があるかもしれません。私もたった1人の生き残りになれるよう、頑張ります!」とコメント。メンバーの生駒里奈は「マンガやアニメが好きで、声優という職業に憧れていたので、夢みたいで、かなり興奮しています。33人の中からたった1人ですが、大切な役を勝ち取れるよう、慣れない演技にも気合が入ります」と意気込みを語っている。

『ハンガー・ゲーム』
9月28日(金) TOHOシネマズ日劇ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング