ニコン、Android搭載のWi-Fi対応デジタルカメラ「COOLPIX S800c」など3機種

2012.8.22 19:00配信
S800c

ニコンは、AndroidとWi-Fi通信機能を搭載した「COOLPIX S800c」、超小型サイズの「COOLPIX S01」など、コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX Sシリーズ」3機種を、9月下旬に発売する。

●Android 2.3搭載、「Google Play」にも対応するWi-Fi対応モデル「S800c」

「COOLPIX S800c」は、モバイル端末向けOSのAndroid(Android 2.3.3)を搭載し、Android搭載スマートフォンと同様の操作性で、インターネットの接続や各種セットアップ、文字入力ができるWi-Fi(無線LAN)対応モデル。撮影した写真や動画を、Wi-Fi経由でカメラから直接、Google+、Facebook、TwitterなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)に投稿したり、ニコンの写真共有・保存サービス「my Picturetown」にアップロードしたりできる(Google+以外は、対応アプリのインストールが必要)。カメラ本体にGoogle マップやGmail、YouTubeなどのGoogleアプリケーションをプリインストールし、Google Playから好みのアプリをダウンロードすることもできる。また、「スマートデバイスへ転送」アプリを使えば、Android端末とiPhoneなどのiOSデバイスに、高解像度の画像や動画をワイヤレスで送信できる。

有効1602万画素の裏面照射型CMOSセンサ、35mmフィルム換算で25~250mmで、レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能を備えた光学10倍ズームのNIKKORレンズ、撮影した写真に位置情報を記録できるGPS(A-GPS機能付き)、タッチパネル式3.5型ワイド有機ELモニタを搭載する。静止画に加え、ステレオ音声付きの1920×1080/30pのフルHD動画も撮影できる。

記録媒体は、SDHC/SDメモリカードと内蔵メモリ(画像保存用約1.7GB、アプリケーション保存用約680MB)。Wi-Fiは、IEEE 802.11b/g/nに対応する。サイズは約幅111.4×高さ60.0×奥行き27.2mm、重さはバッテリ、メモリカード込みで約184g。カラーはホワイトとブラックの2色。

●名刺より小さい極小ボディの「S01」と12倍ズームの高性能モデル「S6400」

「COOLPIX S01」は、手のひらに収まる約幅77.0×高さ51.2×奥行き17.2mm、重さ約96gの極小モデル。通常の名刺より小さく、COOLPIXシリーズ史上最小・最軽量を実現した。デザインや素材にこだわり、ステンレスを磨き上げた鏡面仕上げのミラーシルバー、ホワイト、レッド、ブラック、ピンクの計5色のカラーバリエーションを揃える。

有効1014万のCCDセンサ、光学3倍ズームのNIKKORレンズ、タッチパネル対応の2.5型液晶モニタ、記録媒体として約7.3GBの内蔵メモリを搭載。シンプルな4分割のグリッド状画面構成の新しいユーザーインターフェースを採用するなど、使いやすさにもこだわった。

「COOLPIX S6400」は、スリムなコンパクトボディに、有効1602万画素の裏面照射型CMOSセンサ、35mmフィルム換算で25~300mm相当の光学12倍ズームのNIKKORレンズを搭載した高倍率ズームモデル。レンズシフト方式手ブレ補正(VR)機能を備える。タッチパネル対応の3.5型液晶モニタとタッチしやすい新ユーザーインターフェースを採用し、ストレスなく撮影や確認、編集操作ができる。

カメラを向けるだけで撮りたい被写体を判別し、ピントを合わせる「ターゲットファインドAF」や、3ステップで撮影した画像を編集できる「クイックエフェクト」、1920×1080/30pのフルHD動画撮影など、撮影機能が充実。記録媒体は、SDXC/SDHC/SDメモリカードと内蔵メモリ(約78MB)。サイズは約幅95.4×高さ58.6×奥行き26.7mm、重さはバッテリ、メモリカード込みで約150g。カラーは、グロッシーレッド、クリスタルシルバー、ライラックパープル、スマートブラック、ターコイズブルーの5色。

価格はすべてオープンで、公式オンラインショップ「ニコンダイレクト」での販売価格は、「COOLPIX S800c」が4万7800円、「COOLPIX S01」が1万9800円、「COOLPIX S6400」が2万9800円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング