ドコモ、公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」永年無料キャンペーン

2012.8.22 20:2配信
「docomo Wi-Fi」のサービスロゴ・ステッカー

NTTドコモは、8月22日、公衆無線LANサービス「docomo Wi-Fi」を無料で利用できる「docomo Wi-Fi 永年無料キャンペーン」を、9月1日から2014年3月31日まで実施すると発表した。

1年7か月にわたるキャンペーン期間中、所定の適用条件を満たした契約者に対し、通常月額315円の「docomo Wi-Fi」の使用料を無料にする。さらに、キャンペーン期間中から継続して適用条件を満たす限り、キャンペーン期間終了後も「docomo Wi-Fi」の月額使用料315円を無料にする。

適用条件は、「Xiパケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ フラット」「Xiデータプラン フラット」など同社指定のパケット定額サービス・料金プラン、「spモード」などのISPサービス、各ISPオプションサービス「docomo Wi-Fi」を契約しているユーザー。申込みは不要で、すでに契約済みのユーザーを含め、適用条件を満たせば、自動的にキャンペーンが適用されて無料になる。なお、「初回申込みから最大30日間無料」や「公衆無線LAN月額使用料無料キャンペーン」が適用された回線の場合、「docomo Wi-Fi 永年無料キャンペーン」の適用条件を満たした時点から今回のキャンペーンが適用されて無料になる。

「docomo Wi-Fi」は、駅、空港、カフェ、コンビニエンスストアなどのアクセスポイントで、送受信最大54Mbpsの高速データ通信を利用できる公衆無線LANサービス。スマートフォンをはじめ、PC、タブレット、携帯ゲーム機など、さまざまな無線LAN(Wi-Fi)対応機器で利用できる。アクセスポイント数は、8月20日現在、約3万8000ポイント。今後、ニーズが高い地域を中心に、9月に約7万アクセスポイントまで増やし、2013年3月には約12万~15万アクセスポイントまで拡大する予定。

今年3月1日に、従来の「Mzone」から、キャリア名を頭に付けた「docomo Wi-Fi」に名称を変更し、同時にサービスロゴとアクセスポイントの目印となるステッカーを変更した。ドコモの携帯電話の契約者なら、「My docomo」やiモード、spモードから申し込めばすぐに利用できる。

スマートフォンの普及に伴い、オフロード対策として、携帯電話会社は公衆無線LANサービスの拡充に力を入れている。ソフトバンクモバイルが提供する「ソフトバンクWi-Fiスポット」は、フラット型パケット定額制サービス契約者なら無料で利用できる。KDDIが提供する「au Wi-Fi SPOT」も、指定のスマートフォン向けパケット定額制サービス契約者は無料で利用できる。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング