「モテない、モテない」と悩むより、モテる女子がどういう努力をしているのかを知って、それを真似したほうが楽しいと思いませんか? なんといっても季節は夏に向かっているのだから。

今回は、誰にでもできる「モテるための努力」に迫ります。さっそく見ていきましょう!

時間と労力を無駄にしない努力

モテている女子に限らず、仕事で優秀な人も、時間と労力を無駄にしない努力をしています。たとえば、ぜんぜんパッとしない合コンであっても、その時間をいかに楽しくすごすかを考えるわけです。

パッとしない合コンで、「うぜ~」と思ってダラダラすることは、誰にでもできます。だからその時間を精一杯楽しもうと努力している人は、いい意味で目立ちます。

結果的に、合コンに参加していた誰かの紹介で彼氏ができたとか、そういうことが起こります。

ごちゃごちゃ考えない努力

パッとしない合コンに参加しちゃうと、「わたしはなぜ、いつもいつも冴えない合コンに呼ばれるのだろうか、もしかして幹事の**ちゃんに頭数合わせの要員としか思われていないのだろうか」などと、悩む人もいるかもしれません。

が、モテている人は、そんなことをごちゃごちゃ考えていません。「ま、次に行ってみよう!」でおしまいです。

冒頭にも書いたように、「なぜわたしはモテないのだろう」と、いつまでも悩むのって、時間がもったいないし、そもそも楽しくないですよね?

感情で判断しない努力

恋愛とか「モテ」って、感情がないと生まれないことですが、感情だけで判断したら、たいていのことは失敗します。

感情で判断しないクセをつけようと思えば、「他人はどう考えているのだろう」という感じで、第三者の「常識的な」判断を想像することです。モテている人は、たいてい自分のことを客観的に見ています。

もちろん下半身が緩くて、男を見たら「キープ要員」としてキープしておいて、今カレと別れたらキープ要員の男子の中から、タイミングよくつきあえそうな男子とつきあう、

というような「モテる女子」もいますが、そういう女子であっても、なんらか自分のことを客観視できているから、「キープ要員」をつくるという「戦略」を立てて、それを実行することができているわけです。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます