「ハリウッドと東京の橋渡しに」ビバリーヒルズ映画祭の日本開催が決定

2012.8.24 19:11配信
会見に出席した、(右から)ニノ・シモーネ氏、大和田廣樹氏、フレデリコ・ラペンダ氏

株式会社ドリームキッドは8月24日、都内で会見を行い、ビバリーヒルズ映画祭(BHFF)と提携し、来年3月に日本で「ビバリーヒルズ映画祭ジャパン(BHFF Japan)」を開催すると発表した。

その他の写真

世界市場を視野に、今後の映画界を支える人材の発掘とサポートを目的とし、今年で12回を数えるビバリーヒルズ映画祭。ショーケースとしても近年、注目度が高まる同映画祭の新たな日本部門として、「ビバリーヒルズ映画祭ジャパン(BHFF Japan)」の開催が決定した。会見にはBHFF JapanのCEOを務める大和田廣樹氏(株式会社ドリームキッド プロデューサー/代表取締役社長)、米BHFFの創設者でフェスティバル・ディレクターのニノ・シモーネ氏、ハリウッドで活躍するプロデューサーのフレデリコ・ラペンダ氏が出席した。

大和田氏は国内外で映画プロデュースを行った実績から「映画祭の特徴は、日本とビバリーヒルズの2拠点で展開し、(日本映画を)アメリカに送り込むことを主眼にしている点」と説明。ハリウッドへの作品配給を継続的に行いたいと抱負を語った。また、シモーネ氏は「BHFF Japanがハリウッドと東京の橋渡しになれば」と期待を寄せた。

BHFF Japanでは長編、アニメ長編、短編(アニメ含む)、ドキュメンタリーの4部門で作品を募集し、各部門5作品、計20作品をノミネート作品として選出し来年3月上旬に行う映画祭で上映。また、各部門でグランプリに輝いた4作品は、来年4月の“本家” BHFFでも上映され、そのうち1本をファイナルグランプリ作品として、BHFFの外国映画部門に出品することになっている。

ラペンダ氏は過去に『Bad Guys』(原題/2008)というプロデュース作でBHFFの作品賞を受賞しており「土地柄、BHFFに出品されることで、作品が近隣にある多くのメジャースタジオの目に触れる機会を得ます。映画祭がある種のプラットホームとして、若い映画人の人生を大きく変えるのであれば幸い」と日本のクリエーターにエールをおくった。

応募期間、条件など作品エントリーの詳細はBHFF Japan公式サイト(近日オープン)で発表される。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング