東方神起&浜崎あゆみら人気アーティストに10万8000人が熱狂

2012.8.27 12:17配信

エイベックスが主催する野外音楽フェス「a-nation stadium fes.」の東京公演が8月25日と26日、味の素スタジアムで開催。東方神起や浜崎あゆみ、BIGBANGら人気アーティストが出演し、2日間で10万8000人を熱狂させた。

東京公演初日のトリを飾った東方神起 左からチャンミン、ユンホ 東京公演初日のトリを飾った東方神起 左からチャンミン、ユンホ

エイベックスが主催する野外音楽フェス「a-nation stadium fes.」の東京公演が8月25日と26日、味の素スタジアムで開催。東方神起や浜崎あゆみ、BIGBANGら人気アーティストが出演し、2日間で10万8000人を熱狂させた。

初日は、湘南乃風や三代目J Soul Brothersらが登場。韓国出身のSUPER JUNIORも初登場し、華麗なステージで魅了した。この日最高潮の盛り上がりを見せたのは東方神起。昨年に続きトリを飾り、メドレーを含む全9曲で貫禄のステージを展開。客席にテーマカラーの赤いペンライトが激しく揺れる中、ふたりは『B.U.T』のイントロで登場し、『MAXIMUM』『Superstar』の華麗なダンスパフォーマンスで観客を熱狂の渦に巻き込んだ。そして、「みなさん、お待たせしました! 今日の雰囲気は相当熱いですね。1年ぶりにこのステージに立ててうれしいですが、一番うれしいのはここにいるみなさんに会えたこと。本当に幸せです!」(ユンホ)と叫ぶと、スタジアムは絶叫に包まれた。『ウィーアー!』『Summer Dream』のメドレーでは、それぞれがトロッコに乗って会場をひとまわりし、サイン入りのフリスビーやカラーボールを客席に投げ入れるサービスも。最後は、『Somebody To Love』で会場が一体となってタオルを振り回し大盛り上がり。そして、「今日は東方神起だけでなく、素晴らしいアーティストさんと一緒に、みなさんとひとつになって本当に楽しかったです。『a-nation』の主人公はここにいるみなさんです!」(ユンホ)と締めくくると、ファンの大歓声が大空に響き渡った。

最終日にはTRFやm-flo、AAAなどが登場し、熱狂のパフォーマンスで沸かせた。中でもひときわ大きな歓声を浴びたのは初出演ながら大トリ前に登場し、全8曲を披露したBIGBANG。メンバーが登場するやいなやスタジアムは巨大なクラブにチェンジ。ステージを自由に動きまわり、ライブ感あふれるパフォーマンスに、観客は一体となって叫ぶ。『FANTASTIC BABY』『ガラガラGO』など大合唱はもちろん、ファンとの掛け合いに歓声が夜空にこだました。「こんな大きな会場でライブをしたことがない!」(V.I)とメンバーみな大興奮の様子で、感想を問われたG-DRAGONは「ファンタスティック ベイビー」と曲名にかけて回答。V.Iが、納得したように「5万人が集まるのはファンタスティックですね!」と広い会場を見渡し目を輝かせた。

そして、今年の「a-nation」の大トリを飾ったのは浜崎あゆみだ。昨年は、東方神起にその座を譲ったが、“女王”はその名に相応しい圧巻のステージで魅せた。『BRILLANTE』でオペラさながらのド派手なスタートで観客の目を引くと、浴衣に着替えて恒例のトロッコで会場を周遊。観客に手を振りながら、『BLUE BIRD』や『Greatful days』など夏に似合う楽曲をメドレーで盛り上げ、最後は『July 1st』を熱唱し、5万4000人を魅了した。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング