マップル・オン、iPhoneアプリ「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」新バージョン、都心から半径40kmの地図を収録

2012.8.28 12:27配信
画面イメージ

マップル・オンは、iPhoneアプリ「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」を「2012-13年版」にバージョンアップして発売した。価格は800円。

「震災時帰宅支援マップ 首都圏版」は、大地震が発生して都心の公共交通網が麻痺したときに、自宅や一時避難先まで歩く際のサポートをする地図アプリ。購入時にダウンロードして本体に格納するので、使用に際して通信の必要がない。

「震災時帰宅支援マップ 首都圏版 2012-13」では、都心から半径40kmの通勤圏内の地図を収録。都心から半径40km内までを1枚の大きなシームレスマップで表示し、自宅までの経路を確認できる。概略・詳細マップの切り替え、拡大・縮小はワンタッチで操作できる。

また、自分の現在地や地図上の任意の位置から、「広域避難場所」「避難所」「帰宅支援ステーション」「病院」「トイレ」など、帰宅や避難時に必要な12ジャンル・4万件のスポットが検索できる。各ジャンルを検索すると、検索位置から5km以内のスポットをサーチし、近い順に地図画面の下に名称とアイコンを表示する。

このほか、目的地の登録が、従来の住所に加え、駅名やスポット、コース、さらに地図上を長押しして設定する任意地点に対応。登録件数の上限は、従来の5件から20件に拡大したほか、名称の編集にも対応した。事前に目的地を登録しておけば、「メニュー」→「目的地」→「リスト」から目的地までの直線距離が確認できる。対応OSはiOS 4.3以降。

・「震災時帰宅支援マップ 首都圏版 2012-13」をダウンロード

いま人気の動画

     

人気記事ランキング