ブルーレイの新機能“セカンド・スクリーン”って?

2012.8.28 19:14配信
“ディズニー・セカンド・スクリーン”。奥のモニタに写っているシーンのメイキング映像を手前のiPadに表示中

発売中のブルーレイ『ジョン・カーター』には、様々な映像特典のほかに、“ディズニー・セカンド・スクリーン”と呼ばれる新しい映像コンテンツが収録されている。モニタで映画本編を再生しながら、再生中のシーンの関連映像や特典を同期したiPadで楽しめる新サービスだ。

その他の写真

“セカンド・スクリーン”に必要なものは、対応のブルーレイディスクとiPadだけ。まず、iPadに専用のアプリ(無料)をダウンロードし、自宅のネット回線や画面から出る音声などをキーに、ブルーレイとiPadを“同期”させる。作業はとても簡単で、一度シンクロしてしまうとiPadからブルーレイの再生や一時停止などの操作も可能になる。“セカンド・スクリーン”を起動すると、映画本編が進むにつれて、iPadに表示されている“タイムライン”と呼ばれるナビゲーションも進み、モニタで再生されているシーンのメイキング映像や未公開シーン、コンセプト・アートがリアルタイムで楽しめる。

これまでブルーレイの特典映像は、本編ディスクとは別の盤に収録されていたり、同じディスク内でも一度、映画再生をストップして特典を閲覧していたが、本サービスはiPadを使用することで映画本編と特典を同時に観たり、比較したりすることができるようになった。特典のコンテンツもiPadがタッチパネルを装備しているという点をいかして、クリーチャーの3Dモデルを指で自在に動かしたり、直感的な操作で“映画の舞台裏”を探検することができる。また“アクティビティ”と呼ばれる辞書の逆引きのような機能が搭載されおり、VFXに重点を置いた場面や、名シーンをインデックスから呼び出して、モニターで本編を、iPadでそのシーンの関連コンテンツを楽しむことができる。

本サービスは、『ライオン・キング』や『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』などでも採用されており、操作性、コンテンツの充実度は日々、進化を続けているという。発売中の『ジョン・カーター』のブルーレイでは本編とリアルタイムで楽しめるコンテンツだけでなく、“ジョン・カーターの日記”などの新映像も登場。今後、リリースされるブルーレイも本サービスを搭載した作品が増えるという。

『ジョン・カーター』
発売中
ブルーレイ(2枚組/デジタルコピー&e-move付き) 3990円(税込)
DVD+ブルーレイセット 3990円(税込)
3Dスーパー・セット(3枚組/デジタルコピー&e-move付き) 6090円(税込)
発売元:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
(C)2012 Disney Trademarks“JOHN CARTER” JCM Design and “PRINCESS OF MARS” owned by Edgar Rice Burroughs, Inc. and used by permission

いま人気の動画

     

人気記事ランキング