日本映画界を代表するデンジャラスな男・梅宮辰夫、“悪役”の魅力を語る

2012.8.29 18:46配信
『デンジャラス・ラン』について語った梅宮辰夫。

9月7日(金)より公開されるデンゼル・ワシントン主演のサスペンス・アクション『デンジャラス・ラン』。本作のweb特別CMでドスの利いたナレーションを披露している俳優の梅宮辰夫が、映画についてのインタビューに応えた。

その他の写真

本作でワシントンが演じるトビン・フロストは、世界中の諜報組織から指名手配されている凶悪犯だが、かつてはCIAのスゴ腕として活躍した過去を持つ。ある日、自ら出頭してきた彼を追うかのように何者かがCIAの“隠れ家”を襲撃したことから、フロストは新米エージェントのマットとともに逃亡することに。果たして彼が追われる理由とは何なのか、緊迫したストーリーが展開していく。「最初から最後までずっと緊張しながら観ました。テンポもカット割りも早くて油断すると見過ごしてしまいそうで(笑)。日本の映画だとこうはいかないですね」と、梅宮もクオリティには太鼓判を押す。

梅宮というと、近年は温厚な家庭人としての顔が目立っているが、かつてはアウトローな演技で数多くの作品に出演してきた“デンジャラスな”個性派俳優。今回、ワシントンが演じた稀代の“悪役”は彼の目にどのように映ったのだろうか?「そこにいるだけで独特の何かを持っているような、見ているほうが先回りして深読みしてしまうような演技でしたね。黒人俳優ならではの凄みを感じました。僕の思う“悪人”は人を殺したり、詐欺したり、不幸に陥れる人。彼のような立場になったら、僕でもそうしたかもしれないと正義についても考えさせられました」

そんな彼に、俳優として悪役を演じることの醍醐味について訊いてみた。「人間って二面性も三面性もあるのが当たり前。心で何を考えているかわからないのが人間ですよ。だからこそ悪役は人間らしいんじゃないですかね。朝から晩まで悪の人はいませんし、かといって善人ヅラばかりが前に出たらおもしろくない。その両方を見せられる面白さが悪役ではないでしょうか」

普段からアクション映画が好きでよく観るという梅宮。中でも本作の格闘シーンには「これでもかこれでもかと繰り出す肉弾技はすごい迫力でした」と、興奮冷めやらぬ様子。「機会があればやってみたいですけどね。無理だろうな(笑)」と笑いながらも、ワシントンの演じた悪役には大いに刺激を受けたようだ。

取材・文:渡部あきこ

『デンジャラス・ラン』
9月7日(金)より、TOHOシネマズ 有楽座ほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング