ソニー、液晶テレビ「ブラビア」最高画質の「HX950シリーズ」、65V型と55V型

2012.8.29 21:9配信

ソニーは、進化した直下型LED部分駆動「インテリジェントピークLED」をバックライトに採用した液晶テレビ「ブラビア HX950シリーズ」2機種を、11月10日に発売する。価格はオープンで、実勢価格は、65V型の「KDL-65HX950」が65万円前後、55V型の「KDL-55HX950」が38万円前後の見込み。

「ブラビア」史上、最高画質のプレミアムモデル。「スマート高画質」3大テクノロジーと名づけた劣化した映像を復元して美しく再現する高画質回路技術「X-Reality PRO」、映像を滑らかに描画する「4倍速」技術、外光の反射を抑えてクリアな映像を実現する「オプティコントラストパネル」を搭載。さらに、液晶パネル背面に配列した直下型LEDバックライトを、映像の明るさに応じてエリアごとに緻密に制御する「インテリジェントピークLED」を搭載し、緻密なバックライト制御による高コントラストで鮮やかな映像表現を実現した。

本体前面には、化学的に強度を高め、衝撃に強い厚さ0.7mmの「CORNING Gorilla Glass」を採用。インテリアに溶け込む「モノリシックデザイン」をコンセプトに、新たにループスタンドを採用し、軽快で上質なデザインに仕上げた。

無線LANとネットワークサービス「Sony Entertainment Network(SCN)」に対応し、クラウドベースの定額制音楽配信サービス「Music Unlimited」や「PlayMemories Online」などが利用できる。「ソニールームリンク」「ブラビアリンク」にも対応し、スマートフォンやブルーレイディスク(BD)レコーダーなど、さまざまな機器と連携して便利に活用できる。

音質にもこだわり、「S-Forceフロントサラウンド3D」やフルデジタルアンプ「S-Master」などを搭載。解像度は水平1920×垂直1080のフルHDで、3Dコンテンツの再生に対応する(3Dメガネは別売)。地上・BS・110度CSデジタルチューナーを各2基搭載し、テレビの電子番組表から予約して市販の外付けHDDに録画できる。また、従来の赤外線信号とは異なる無線信号を利用し、向きを気にせず操作できる「FeliCaポート搭載おき楽リモコン」が付属する。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング