ライアン・ゴズリングが監督デビュー

2012.8.30 20:36配信

今、乗りに乗っているライアン・ゴズリングが、ついに監督デビューを果たす。主演には『MAD MEN マッドメン』のクリスティーナ・ヘンドリックスが決まっている。

『ラブ・アゲイン』『スーパー・チューズデー 〜正義を売った日〜』『ドライヴ』など、最近出演作が相次いでいるライアン・ゴズリングは、多忙な合間にも自分の脚本を書き、監督デビューに向けての努力を続けていた様子。タイトルは『How to Catch a Monste』。ファンタジー・ノワールで、モダンなフェアリーテールの要素もあるという。撮影は来年春開始。来月6日にスタートするトロント映画祭で海外の配給権を売る計画だ。主演のヘンドリックスは、ゴズリングと『ドライヴ』で共演しており、現在、アメリカで最もセクシーな女性のひとりとして注目を集めている。

また、ゴズリングは、本業である俳優業のほうも、あいかわらず多忙なようで、トロント映画祭では、『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランス監督と再び組む主演作『The Place Beyond the Pines』が世界初上映される。共演はブラッドリー・クーパーとエヴァ・メンデス。そのほか、7月にコロラド州で起きた乱射事件のため延期になった『Gangster Squad』も、来年1月北米公開の予定だ。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング