活況を呈する音楽フェス、2012年の新傾向は?

2012.8.31 17:21配信
『ぴあ ライブ・エンタテインメント白書 2008-2010 サマリー版』(4,800円) 『ぴあ ライブ・エンタテインメント白書 2008-2010 サマリー版』(4,800円)

夏の風物詩として定着したロックフェスティバル「夏フェス」が、2012年も盛況だ。

今年で通算16回目を迎えた老舗フェス「フジロック・フェスティバル」は、7月27日から29日まで新潟県湯沢町の苗場スキー場で開催され、過去最多の延べ14万人(前夜祭を含む)の動員数を記録した。茨城県ひたちなか市の国営ひたち海浜公園で8月3日から5日まで開催された「ロック・イン・ジャパン・フェスティバル」も、昨年を上回る約17万4千人を動員。

また、スタートから11年目を迎える「a-nation」は大幅なリニューアルを行った。渋谷を舞台にした「musicweek」に加え、東京都 味の素スタジアムと大阪・長居スタジアムで開催される「stadium fes.」の2本柱で展開され、昨年を上回る約30万人の動員を見込んでいる。

ぴあの調査(『ぴあ ライブ・エンタテインメント白書 2008-2010 サマリー版』)によるとロック・フェス市場はこの10余年間に急速に拡大し、いまや音楽コンサート市場の約1割を占めるに至っている。2011年は、震災の影響で開催中止を余儀なくされたものがある一方で復興支援フェスもいくつか開催された。比較的単価の高い主要フェスの活況に牽引され2011年のロック・フェス市場規模は前年比5.9%増の146億円となった。

近年は成熟期を迎え、選択と淘汰を繰り返しているフェス市場だが、新たな動きも起こっている。2012年に盛況だったのは、アイドルが一堂に集まるフェスである。その代表例が、3回目を迎えた「TOKYO IDOL FESTIVAL」(8月4日・5日に東京・お台場で開催)。8月11日には前述の「a-nation」の「musicweek」の一環として「IDOLNATION」も開催された。

なお、『ぴあ ライブ・エンタテインメント白書 2008-2010 サマリー版』(4,800円)は、電子書籍のみの販売で、Sony Reader Store(http://ebookstore.sony.jp/item/BT000018426100100101/)/BookLive!(http://booklive.jp/product/index/title_id/184261/)ほかにて、8月31日(金)に発売。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング