熱帯夜が続く夏。手軽に室内の温度を下げるにはクーラーが大活躍ではあるもの、クーラーだけでは体調を崩しそうで心配ですよね。

実はちょっとしたコツでも体感温度を下げることができます。

今回は、寝苦しい夜を少しでも快適にするコツについてご紹介します。

食事を工夫して快適睡眠!

食事は体の温度を上げたり下げたりと体温調整にとても関与しています。

食事での快適睡眠をもたらす3つをご紹介します。

(1)アミノ酸「グリシン」を摂る

アミノ酸である「グリシン」を摂ると、眠りに就いてすぐ深い睡眠を意味する徐波睡眠に到達することが分かっています。

睡眠のリズムが安定して熟眠感を得やすいため、イカやホタテ、エビ、カニ等、グリシンの含まれている食品を夕飯に食べるといいですね。

(2)就寝の2〜3時間前には食事を済ませる

食事をすると体温が上昇するため、食べてすぐに眠ろうとしても体が熱く感じて寝付けないことがあります。

そのため、寝る2~3時間前には食事を済ませるようにしましょう。

(3)夏野菜を食べる

トマト、なす、きゅうり、ゴーヤ、スイカ、バナナ等の夏の食材は、火照った体の温度を下げる効果が期待できます。

これらの食材は、水分とカリウムを含有しているため利尿作用があります。尿を排泄することで体温も下がりやすくなるので、一石二鳥ですね。

寝具を工夫して快適睡眠!

そして、寝るときにも体感温度を調整するコツがあります。

(1)パジャマは素材で選ぶ

シルク、リネン、オーガニックコットン等、天然素材で汗を吸収し、熱を放出する効果が期待できる素材を選びましょう。

また、少しゆったり着用できるサイズのものを選ぶのもポイントです。

「ハピママ*」更新情報が受け取れます