「燦水!サマービート」 ©Disney

毎日たくさんのショーやパレードを公演している東京ディズニーリゾート。

多くのステージは屋外にあるため、天候によっては大幅な内容変更や、公演中止になる日も少なくありません。

普段は雨天・強風時にキャンセルになりやすいですが、夏の場合は雨でも問題なく公演されたり、反対に晴れているのに中止になったりすることも。

今回は高気温や集中豪雨など、夏特有の荒天時に起こりがちな"イレギュラー"な公演傾向と、その対策をご紹介します。

1.散水型プログラムは雨天時も公演の可能性あり

まず注目したいのは、雨が降った時です。

いつものショーなら、中止になったり、ミッキー達が雨具を着てご挨拶に来るだけの短縮版になってしまいがち。

ところが、夏限定の散水型プログラムは雨でも決行される例が多いです。

2017年の場合は、東京ディズニーランドで公演中の「燦水!サマービート」と、東京ディズニーシーで公演中の「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」が散水型のプログラムにあたります。

もともと大量の水を放出して、ゲストも出演者もずぶ濡れになる前提で内容が組まれているためか、雨の日も最後まで中断なく完走してくれるケースの多いのがうれしいところ。

「パイレーツ・サマーバトル“ゲット・ウェット!”」 ©Disney (撮影/MezzoMiki)

強風や雷雨時は中止も

ただし、通常の雨ならセーフでも、強風や雷が加わると高確率で中止・途中中断になってしまいます。

特に雷が鳴った時は、安全のため屋内に避難するようアナウンスされる場合も多く、せっかく場所取りをしていてもその場から離れなければなりません。

気温が高くなる午後から夕方にかけては、雷を伴う集中豪雨も起こりやすいため、特に注意が必要です。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます