谷村美月“トリハダ5カ条”に目を白黒 「へえー、初めて知りました」

2012.9.3 13:26配信
(写真左から)香椎由宇、谷村美月、三木康一郎監督

2007年から2009年にかけて深夜に放送されたTVドラマ『トリハダ』の劇場版が完成し、2日、東京・シネマサンシャイン池袋でファンにお披露目された。上映前にはTVドラマからの常連で今回主演を務めた女優の谷村美月と、メガホンを執った三木康一郎監督が舞台あいさつに登壇。「スタッフはほぼ同じだし、舞台がTVから映画に変わっただけ」と語る三木監督は、一貫して「幽霊は出ない」「超常現象は起きない」「音楽で恐怖をあおらない」「過度な演出はしない」「日常から逸脱しない」という“トリハダ5カ条”を大事にしたとコメント。これに対しTVドラマの初回から出演する谷村は「へえー、初めて知りました」と目を白黒させていた。

その他の写真

コールセンターで働くオペレーターのひかり(谷村)は、日頃から悩まされているクレーマーの中年女性と隣人が同じ名前だと気づき…。ひかりが味わう恐怖を軸に、ショートストーリーの連鎖によってひとつの物語が形成される。谷村をはじめ、木南晴夏、佐津川愛美、石橋杏奈、入来茉里やAKB48の宮崎美穂らが出演している。

今回の映画化に、谷村は「TVドラマの頃から次があると知らずにやってきたので、その度終わったと思っていた。でも映画化だと聞いて『ようやく、これで終わりだな』って」と少々複雑な心境。それでも「特に映画だからと気負うことはなかったし、こうやって無事にファンの方に観てもらえるのは良かったと思う」と安堵の表情も見せていた。

また、舞台あいさつにはスペシャルゲストとして、女優の香椎由宇が来場。現在、三木監督が演出を手掛けるTVドラマ「走馬灯株式会社」に主演しており、「三木監督は私が怖い表情をすると、必ず笑うんですよ」と舞台裏を明かした。『トリハダ -劇場版-』も鑑賞したといい「始まってすぐにゾッとさせられ、それを引きずりながら、最後に『うわ、怖っ』って(笑)。もし映画の第2弾があったら、お邪魔していいですか?」とその場で自身をアピールしていた。

『トリハダ -劇場版-』
9月13日(木)からシネマサンシャイン池袋でレイト上映

いま人気の動画

     

人気記事ランキング