日本HP、個人向けインクジェット複合機「HP Photosmart 6520」など2機種、ビジネス用の「HP Officejet 4620」も

2012.9.4 18:58配信
「HP Photosmart 6520」(左)と、「HP Photosmart 5520」

日本ヒューレット・パッカード(日本HP)は、個人向けインクジェット複合機「HP Photosmart 6520」「HP Photosmart 5520」と、ビジネス向けインクジェット複合機「HP Officejet 4620」を、9月13日から順次発売する。

「HP Photosmart 6520」「HP Photosmart 5520」は、プリント、スキャン、コピーに対応したUSB接続のA4カラーインクジェット複合機。自動両面印刷と両面コピー機能、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を搭載する。

「ワイヤレスダイレクト」機能で、ルータやアクセスポイントがない環境でも、スマートフォンやタブレット端末、PCなど、最大5台の無線LAN対応機器と暗号キーなしで接続し、ワイヤレス印刷やモバイル機器へスキャンデータを送信することができる。

スキャンしたデータはPCやメモリカードに保存できる。PCを介さずにプリンタからのメール送信に対応する「スキャンto電子メール」機能を備え、宛先を液晶画面のタッチ操作で入力して複数の宛先へ同時に送ることができる。メールアドレスは、本体に最大20件まで登録できる。

iPhone/iPad/iPod touchからプリントやスキャン、コピーを実行したり、遠隔地からインク残量を確認したりできるアプリ「HP Printer Control APP」と、インターネットまたは無線LAN経由の印刷に対応したアプリ「HP ePrint APP」(旧称:HP ePrint Home & Biz)は日本語に対応。「HP ePrint」に加えて「AirPrint」や「Google Cloud Print」など、多彩なモバイルソリューションに対応する。

また、Windows/Mac向けのプリンタドライバを一新し、「HP ePrint Software」の提供を開始した。印刷ダイアログで「HP ePrint」を選ぶことで、インターネット上の「HP ePrint」対応プリンタのアドレスを指定して印刷ができる。

「HP Photosmart 6520」は、印刷速度がモノクロ毎分12枚、カラー毎分8.5枚。フリック操作に対応する3.45インチのカラータッチスクリーンを搭載する。サイズは幅440×高さ160×奥行き380mm。発売は9月13日で、オンラインショップ「HP Directplus」での価格は1万6800円。

「HP Photosmart 5520」は、印刷速度がモノクロ毎分11枚、カラー毎分8枚。2.65インチのカラータッチスクリーンを搭載する。サイズは幅444×高さ143×奥行き325mm。発売は9月13日で、「HP Directplus」での価格は9870円。

ビジネス用途向けのUSB接続A4カラーインクジェット複合機「HP Officejet 4620」は、プリント、スキャン、コピー機能に加えて、最大35枚の連続スキャンに対応したADF(自動給紙装置)と2インチモノクロディスプレイを搭載する。ファックス機能とIEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN機能を備える。印刷速度は、モノクロが毎分8枚、カラーが毎分7.5枚。サイズは幅450×高さ205×340mm。発売は9月20日で、「HP Directplus」での価格は1万2810円。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング