トビー・マグワイア、『Life of Pi』の出演シーンがカット

2012.9.6 18:35配信

オスカー狙い作品として期待が寄せられているアン・リー監督の『Life of Pi』から、トビー・マグワイアの出演場面がカットされることがわかった。インド系中心の無名キャストの中で、ひとりだけ浮くというのが理由のようだ。

『Life of Pi』は、11月に北米公開が予定されているアドベンチャー大作。マグワイアが演じるのは、主人公をインタビューするライターの役だ。出演時間は短く、すでに撮影は終わっているが、リー監督は編集過程で、この役をもっと名前が知られていない俳優に演じさせることに決めたという。

無名キャストばかりの映画であることから、マグワイアのような有名スターが出てくるのは不自然に感じたということだ。マグワイアは、「この役に違う方向性を持たせるというアンの決定を支持します。アンはこの映画について、かなり多くのことを僕と分かち合ってくれました。僕がこれまで観せてもらったかぎりでは、とても美しい作品です」とコメントを発表。一方でリー監督は、「ほかのキャストと統一性を持たせるための決定。トビーのことは尊敬していますし、将来また一緒に仕事ができることを楽しみにしています」と語った。

リー監督とマグワイアは、『スパイダーマン』でマグワイアが有名になる前に97年作の『アイス・ストーム』で組んでいる。マグワイアは、バズ・ラーマン監督の『華麗なるギャツビー』にも出演しているが、公開がこの冬から来年夏に延期になっている。

文:猿渡由紀

いま人気の動画

     

人気記事ランキング