2017年7月29日(土)からスタートした、コスプレの一大イベント「世界コスプレサミット2017」(コスサミ)が、8月6日(日)に終了。こちらでは最終2日間に参加したコスプレイヤーをお届けします。

1週間開催のコスサミですが、その中でも最もコスプレイヤーが集結するのは最後の2日間。名古屋・オアシス21を中心に、テレビ塔エリアやフラリエ、名古屋城などもコスプレエリアとして開放されていて、全国各地から多くのコスプレイヤーが参加していました。

『天空の城ラピュタ』より、海賊・ドーラ一家。後ろには、パズーやシータたちが出会った、苔の生えたロボット兵もあり、雰囲気は抜群!

人気作『遊☆戯☆王』より、主人公の武藤遊戯とブラックマジシャン、そしてブラックマジシャンガールの3人です。

『Fate/Grand Order』より、登場したばかりのキャラクター、ポール・バニヤンです。ここ最近のイベントでは、『Fate/Grand Order』のキャラクターコスプレを見かけることが多くなりました。

ダウンタウン・松本人志さんのコスプレ。バラエティ番組『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』より、大晦日の人気企画としても知られる「笑ってはいけないシリーズ」の第12回開催「絶対に笑ってはいけない大脱獄24時」の囚人服姿を再現しています。

今回も様々なコスプレイヤーを見て楽しめたコスサミですが、今回のコスサミでは、「レフ板・三脚を使っての撮影禁止」と張り紙がなされていました。元々はサイトなどで注意喚起がなされていましたが、ハッキリと張り紙で明記したのはおそらく今回が初めてかもしれません。

カメラ片手に参加される場合は、公式サイトなどで撮影ルールをチェックしましょう。

「Character JAPAN」更新情報が受け取れます