中島美嘉、約1年ぶりにファンの前で熱唱! ミラとの思い出話も披露

2012.9.10 21:1配信
(写真左から)中島美嘉、松嶋尚美

歌手の中島美嘉が10日、都内で行われた人気シリーズの最新作『バイオハザードV:リトリビューション』のプレミア試写会にサプライズ登場し、日本版主題歌「明日世界が終わるなら」を熱唱した。中島がファンを前に、歌声を披露するのは約1年ぶりだといい、「緊張しましたが、終わってスッキリしましたね」とホッとした表情。素足で情感豊かに歌い上げる中島の姿に、応援ゲストとして駆けつけたタレントの松嶋尚美も「やっぱり生で聞くといいね。それにすっごく心をこめて歌うんね」と感激していた。

その他の写真

中島は前作に引き続きアンデッド(ゾンビ)役で出演。今回は、主演のミラ・ジョヴォヴィッチと本格的な対決シーンを撮影し、「すごく楽しかったです」と笑顔。ジョヴォヴィッチからアクション指導を受ける場面もあったといい、「いろいろ教えていただきました。気さくで優しい。すごくいい人なんですよ」と思い出話も披露した。

一方、中島と親交があるという松嶋は、昨年12月に第一子となる男児を出産していることから、「子どもを守らないといけないシーンがあるでしょ。あれはハラハラして『早く終わって』と思った。お母さんになると、映画の観方も変わった」と語った。ちなみにこの日の衣装は、中島が劇中で実際に着用していたドレスだそうで、「最近5キロやせたので、やったと思って着たら入らない…。美嘉ちゃん、どんだけ細いの!」と驚きの声を上げていた。

本作は、アンブレラ社が開発した、アンデッド(ゾンビ)へと姿を変えてしまうT-ウイルスが蔓延した世界を舞台に、アリス(ジョヴォヴィッチ)が新しい仲間とともに再び戦いを挑む姿を3Dで描いたアクション作。ミシェル・ロドリゲス、シエンナ・ギロリーら過去作に登場したメンバーが再集結するほか、謎に包まれた女スパイ、エイダ・ウォン役には中国の女優リー・ビンビンが起用されており、バラエティ豊かな女優陣が顔を揃える。

『バイオハザードV:リトリビューション』
9月14日(金)より丸の内ピカデリーほか全国ロードショー

いま人気の動画

     

人気記事ランキング