『エヴァ』ファン向け箱根観光地図アプリ「HAKONE Instrumentality MAP」

2012.9.10 22:21配信
「HAKONE Instrumentality MAP」のスクリーンショット

JTBグループのJTBコミュニケーションズは、訪日外国人向けに、英語による箱根町の観光地図アプリ「HAKONE Instrumentality MAP」を発売した。「App Store」で、9月10日から2013年3月31日(予定)までの期間限定で販売する。価格は3.99米ドル(450円)。

「HAKONE Instrumentality MAP」は、神奈川県足柄下郡箱根町に位置する人気アニメ『ヱヴァンゲリヲン』の架空都市『第3新東京市』を、実際の地図上に再現した観光地図アプリ。『ヱヴァンゲリヲン』に登場する設定シーンを、実在の箱根町の場所とリンクさせて表示する。また、観光地図とGPS情報を対応づけ、観光地図上に現在地を表示する。訪日観光客の誘致促進、箱根町の観光振興と地域活性化を目的に、日本政府観光局(JNTO)、財団法人箱根町観光協会の協力の下、JTBが開発した。箱根町の英語版地図、写真・解説文入りの観光情報のほか、人気キャラクター、綾波レイとアスカ・ラングレーの描き下ろし特典画像も収録する。

対応機種は、iOS 4.0以降を搭載したiPhone、iPod touch、iPad。ただし、GPS機能を使用するため、iPod touch、iPad Wi-Fiモデルの場合、現在地の表示精度がよくない場合がある。Android向けアプリのリリース予定はない。

・「HAKONE Instrumentality MAP」の詳細を見る(App Storeへ)

いま人気の動画

     

人気記事ランキング