「恋愛に敬語なんて他人行儀じゃない?」と思うかもしれませんが、好意があってもなくてもいきなりタメ口は危険。相手に「非常識」と思われてしまったらすべてが終わってしまいます。

あたりまえですが、最初のうちは敬語が基本。

かと言ってガチガチなのも……。

そこで使うべきなのは“ライトな敬語”です。これを使いこなせれば、モテること間違いなし!

ライトな敬語とは何なのか、どんな風に使うのか、“モテるライトな敬語”についてご紹介します。

ライトな敬語って?

例えば飲み会にて。みんなで飲んでいるとき、みんなが聞いている会話は敬語です。

そこで、二人で話すタイミングがあったら、ライトな敬語になってみましょう。

ライトな敬語とは、話す言葉は丁寧で、ですます調です。相槌や返事は「うん」「そうだね」「わかんない」「どうかなあ」と、くだけてみます。

「もっと飲む?」「これ食べた?」と、疑問形もタメ口に。つい親しみが出た感じにすると、相手はドキッとします。

つまり、敬語とタメ口をミックスしたものがライトな敬語です。

年上の男性の場合

基本的に敬語ですが、二人のときは少しタメ口に。LINEの場合は、最初は敬語で次に続く二回目はタメ口という順番で。

たとえば「お疲れ様です!こないだはありがとうございました」とあなたが送って、彼が「無事帰れた?」と返事をしたとします。

それに対するあなたの返事は「はい、無事到着したよ♪」というようにしてみるのです。

同い年の男性の場合

最初は敬語で。同い年だと明確になったらタメ口に移行します。

ただ、男性はどこかで自分を立ててほしいと思っているので、丁寧語を入れましょう。

「お弁当」「お水」など、「お」はつけておく。「了解『です~』」「わかりました」

と、会話を終えるときや、了承するときは敬語だとなおいいでしょう。

「mimot.(ミモット)」更新情報が受け取れます