レコチョクが“椎名林檎 名曲ランキング”を発表

2011.11.16 14:55配信
椎名林檎 椎名林檎

株式会社レコチョク(本社:東京都渋谷区渋谷、代表執行役社長:加藤裕一)が、11月16日(水)にユーザー投票による“椎名林檎 名曲ランキング”を発表した。

椎名林檎のその他の情報

これは、11月2日から11月29日(火)までの期間限定で、『本能』『ギブス』『ありあまる富』など、椎名林檎のヒットシングルの着うたフル(R)を半額となる210円にて提供する“プライスダウンキャンペーン”に合わせ「レコチョク 音楽情報」サイトで実施したユーザー投票により決定したもの。

最も票を集めたのは、'99年に発売された3rdシングル『ここでキスして。』で、「女子特有の好きな人を思う時のせつなさとか可愛らしさが見事に表現されていて、女の私でもキュンキュンします」(18歳・女性)、「独占欲全開な歌詞が怖いようで可愛い! セクシーな歌声も大好きです」(21歳・女性)など、大好きな男性への愛情をストレートに綴った歌詞に女性からの支持が多く集まった。また、「初めてテレビで椎名林檎を知った時に歌っていた曲。歌詞や曲はもちろん、歌声、ファッション、雰囲気すべてに衝撃が走り一瞬でファンになりました」(25歳・女性)など、この曲をきっかけにファンになったとの声も多数寄せられた。

2位は、同じく'99年に発売された4thシングル『本能』。「ナースのコスプレでガラスを足で割るという斬新なPVは誰しもが度肝を抜かれ印象に残ったはず」(18歳・女性)、「一度聴いたら耳から離れないあの刺激的な声がたまらなく好き」(16歳・女性)など、官能的なビデオクリップが、リリースから10年以上経った今でも多くのファンの心に強く残っているようだ。

3位は、'00年1月に発売された5thシングル『ギブス』。「歌詞もメロディもすごく心に響きます。特にサビの「ぎゅっとしていてね ダーリン」のところは、椎名林檎さんの切なさと激しさと愛しさが混ざりあったような歌い方が、泣きそうになります」(18歳・女性)、「こんなにもヒリヒリして胸が打たれるラブソングは『ギブス』がはじめてだったし、きっとこれから先出会うことはないだろうと思います」(17歳・女性)など、切なく情熱的に男性を想う女性の気持ちを表したラブバラードに多くの共感が集まった。

■椎名林檎 名曲ランキング
1位:ここでキスして。
2位:本能
3位:ギブス
4位:ありあまる富
5位:丸の内サディスティック
※『レコチョク 音楽情報』では10位まで公開。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング