谷村美月、『トリハダ -劇場版-』のひかりが“生々しい”理由

2012.9.12 19:6配信
谷村美月

2007年に深夜ドラマで初登場、以後シリーズ化されて第6弾まで数えたオムニバス・ドラマ『トリハダ〜夜ふかしのあなたにゾクッとする話を』。その劇場版、『トリハダ -劇場版-』に帰還した谷村美月が、本作が女優としての自信を与えた記念作であることを告白するとともに、「いろいろなものをそぎ落とした演技をしたい」と今後に向けての決意も明かした。

その他の写真

ホラー作品ではあるものの、幽霊は一切登場せず、日常に巣食う狂気や恐怖を炙り出してカルトな人気を獲得した『トリハダ』シリーズ。その劇場版では、一見すると無関係なショート・ストーリーが次々と連鎖! 衝撃のラストカットへ観る者を誘う構成で、その軸となるドラマ・パートを谷村が担う新趣向も話題だ。「新しい『トリハダ』が生まれたと思いますが、今までのファンの方々の反応が気になります(笑)」と謙遜する一方で、「ドラマ版の後、たくさんの経験を重ねて出会った作品が今回の劇場版でした。成長したねっていうコメントを三木(康一郎)監督がくださって、自分の中で自信が生まれた作品ですね」と女優としての成長を実感した記念作であることを告白した。

谷村演じる主人公は、仕事では執拗なクレーマーに追われ、プライベートでは上司との不倫に溺れるOL・ひかり役。リアルな恐怖を描く世界観同様、ひかりという女性も“生々しい”。映画という虚構の中で一際人間臭い存在感を放っているが、「鋭い点を突かれていると思います(笑)」と、意図的に表現したいテーマがあるという。「今一番意識していることで、どれだけ作品世界に馴染めるかを課題にしています。谷村美月という色が、より少ない状態で作品に入りたくて。どこまで行けるか、今突きつめています」。確かに、記憶に新しい『たぶらかし〜代行女優業・マキ〜』(12)も、公開を控える『BUNGO〜ささやかな欲望〜 見つめられる淑女たち』(12)も、谷村は“生々しい”女性として、そこに実在する。

「演技しているなって思うシーンを観ると困って目をそらしますが(笑)、それってアウトだと思います。だから、できるだけそぎ落とした状態で演技がしたくて」と設定した課題の理由を明かす谷村。そして、その「しんどい作業」を今後も続けていくという。「楽をしたくないですね。その先に何かが待っていることを信じて、今は辛い思いをします(笑)」。

『トリハダ -劇場版-』

取材・文・写真:鴇田 崇

いま人気の動画

     

人気記事ランキング