フロリダ ウォルト・ディズニー・ワールド・リゾートのディズニー・ハリウッド・スタジオでは、「ファンタズミック! 」が専用劇場で開催されています。

「ファンタズミック! 」のために作られただけあり、パイロや炎など特殊効果も大迫力。

ところがあいにくの天気で公演中止に…代わりに特殊効果だけのショーが公演されました。

特殊効果だけの「ファンタズミック! 」

「ファンタズミック! 」を観るために意気揚々とディズニー・ハリウッド・スタジオを訪れました。

ところが突然のスコールで激しい雷雨が。

この影響で「ファンタズミック! 」の公演は遅延。開催できるか分からないというアナウンスが…

会場でウェーブをしながら待つも、残念ながら直前で中止の発表が入ってしまいました。

しかし、代わりに簡単なショーを開催するとのこと。

いわゆる「キャングリ」です。キャラクターは出てきませんが。

「四月の雨」(『バンビ』)の音楽が流れる中、色とりどりの噴水が上がります。

まあ悪天候キャンセルだし噴水しかできないよね…と思っていたら、炎も登場!

さらにパイロまで上がり、音楽も「ファンタズミック! 」そのものに。

5分ほどの短いキャンセルショーですが、最後にはほぼ通常版のような特殊効果の量になりました。

ミッキーがいない状態で「ファンタズミック! 」のフィナーレをそのまま再現したようなものです。

公演中止なのにここまでやるんだ! という、さすがディズニーの心意気。

悪天候でショーが中止になっても、できる限り楽しませてくれる姿勢と意外な再現度に、いつものショーとは違った満足感が得られました。

 

「ファンタズミック! 」が中止になってもすぐに帰らずにアナウンスを聞いていれば、逆にレアなショーが見られるかもしれません。

協力:ディズニー・ディスティネーション・インターナショナル
As to Disney artwork, logos and properties: ©︎Disney

プーや/poohya。フリーライター、ウレぴあ総研ディズニー特集サブディレクター。パークから映画、テレビまで国内外の「ディズニー」に関する現象を追いかけ記録するサイト「舞浜横丁」(maiyoko.com)を運営。くまのプーさんに異様な愛を注ぐ。

「ディズニー特集 -ウレぴあ総研」更新情報が受け取れます