iPhone5ついに発表! 目玉の新機能8&iPhone 4Sとどこが変わったか徹底比較

9/13、Appleが新しいiPhoneである「iPhone5」を日本では9/21発売と発表しました。大きなディスプレイ、より薄く軽くなったボディ、速いチップ、LTE対応、カメラ性能の向上、新しいiOS6、バッテリー持続時間とすさまじい変化。気になる新機能、性能は? iPhone4Sとどう違うの? をわかりやすく解説していきます。

やはり、iPhone5だった!
Appleは本日、日本時間9/13に開催した新製品発表会で、新しいiPhoneである「iPhone5」を発表しました。

Appleの発表によれば、日本は、9/14(金)から予約受付が開始され、9/21(金)から発売開始されるそうです。

これまでより大きなディスプレイ、より薄く軽くなったボディ、速いチップ、LTE対応、カメラ性能の向上、新しいiOS6、バッテリー持続時間とすさまじい変化を遂げています。気になる新機能、性能は? iPhone4Sとどう違うの? を項目ごとにわかりやすく解説します。

 

ディスプレイサイズが4インチに!

iPhone5、iPhone4S比較表

「どうなるiPhone5!? これを見たら分かるスペック徹底調査まとめ

でも書いた通り、いままでの3.5インチ(960x640)から、4インチ(1136x640)になりました。スクリーンのアスペクト比もほぼ16:9になり、フルサイズの動画も上下が切れることなく迫力ある映像が楽しめそうです。横幅はいままでと変わらないので、縦長です。色は黒と白、容量は16GBから64GBまで用意されています。

インダストリアルデザイングループ担当上級副社長のジョナサン・アイブは「片手でここち良く使えるように、スクリーンを高くはしても広くはしなかった」と縦横を大きくしない理由を語っています。持ったときの感覚は、従来のiPhoneユーザーでもすんなり移行できそう。

従来のiPhoneに最適化されたアプリは、センタリングされて表示されるので、問題なく使えるそうです。

日本での販売キャリアはソフトバンクとKDDI。販売金額については9/13 4:10現在発表されていませんが、米国での販売金額は4S同様、16GB $199、32GB $299、64GB $399ですので、日本も4S同等の金額が予想されます。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング