加賀ハイテック、Bluetooth接続のポータブルスピーカー、振動式「MeoSound MS001」とスティック型「MeoSound MS002」

2012.9.14 11:15配信
MeoSound MS001

加賀ハイテックは、Bluetoothでスマートフォンやタブレット端末とワイヤレス接続するポータブルスピーカー「TAXAN MeoSound シリーズ」から、振動式スピーカー「MeoSound MS001」とスティック型ステレオスピーカー「MeoSound MS002」を9月28日に発売する。

「MeoSound MS001」「MeoSound MS002」ともに、Bluetooth Ver2.1+EDR/Class2を搭載。プロファイルは、HFP、A2DP、AVRCPに対応し、スマートフォンやタブレット端末とワイヤレスで接続して音楽再生やハンズフリー通話ができる。

「MeoSound MS001」は、本体底面に接触する物体を振動させることで迫力の重低音を再生する振動式スピーカー。上部のツイーターから高音域を再生することで、臨場感のある音を奏でる。出力は10W。

サイズは55.8×55.8×71.5~90mmで、重さは254g。電源は内蔵のリチウムイオンバッテリで、音楽を約3時間連続再生できる。付属の吸盤式ガラスマウントアダプタを使えば、斜面や垂直に取りつけることができる。価格はオープンで、実勢価格は6000円前後の見込み。

「MeoSound MS002」は、持ち運びに便利なコンパクトサイズのスティック型ステレオスピーカー。底面のマグネットで、冷蔵庫やロッカーなどつけて使用することができる。出力は2W×2。サイズは、140×33×17mmで、重さは103g。電源は内蔵のリチウムイオンバッテリで、音楽を約4時間連続再生できる。価格はオープンで、実勢価格は4000円前後の見込み。

いま人気の動画

     

人気記事ランキング