都立大学駅のパン屋巡り、今回は「トシオークーデュパン」さんへ。

こちらはバゲットの特集を組むと必ず取り上げられる有名なお店。ずっと行ってみたかったのですがタイミングが合わずやっと訪問できてすごく嬉しい!!

都立大学駅から目黒通りに出て、自由が丘方面へ進んだ中根の交差点の手前左手にあります。オレンジ色のファサードが目印です。

店内はこぢんまりとしていて必要なものがギュッと詰まった感じを受けます。店主の川瀬シェフの想いが詰まっているのが伝わってきます。

シェフがクープを入れたあと、バゲットの並んだ天板を大きな窯に入れる姿は力強く真剣です。でも、「重たいんですよ、これ」とおっしゃりながらにこっと笑ってくださった笑顔はとても優しいのです。

店内の棚には茶色いパンが並んでいて、友人とテンションが上がりなかなか購入するパンを決められません。ハード系だけではなく、ヴィエノワーズなど軟らかいパンもありましたよ。

バゲットは“バゲット”と“トラディション”の2種類ありました。

“バゲット”は1本173円、ハーフサイズの“ドゥミバゲット”は108円とお手頃価格! シェフがパリで毎日1本食べていたバゲットを再現したものだそうです。焼き色が白っぽくパリッとして見えます。

“トラディション”は1本248円。こちらは焼き色がしっかりしてもっちりしているように見えます。お好きな方はぜひ2種類を食べ比べすることをお薦めします。まったく違いますので。

店内に入って実は一番最初に目が行ったのがパン棚のかなり上部に設置されている棚。

ここにもバゲットが並んでいるんです。なんだかワクワクしちゃいました♪

本当は品揃えの多い午前中に行くべきなのでしょうが、今回は平日の13時過ぎを敢えて狙って訪問。お店のfacebookページで平日13時~16時限定でバゲットを使ったコンフィチュールサンドが販売されると知り、どうしても食べてみたかったのです。